吉川晃司、地上波連ドラ初主演!「由利麟太郎」シリーズ作で志尊淳とバディーに | RBB TODAY

吉川晃司、地上波連ドラ初主演!「由利麟太郎」シリーズ作で志尊淳とバディーに

エンタメ 映画・ドラマ
ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
  • ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)
 カンテレ・フジテレビ系全国ネットで、6月16日より新ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)の放送が決まった。


 同作は、金田一耕助シリーズで知られる横溝正史による「由利麟太郎」シリーズが初の連ドラ化。主演を務めるのは吉川晃司。吉川は今作が地上波連続ドラマ初主演となる。吉川演じる主人公・由利麟太郎は、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ、白髪の名探偵。助手としてバディーを組むのは、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助。同役は、俳優の志尊淳演じるが演じる。

 吉川演じる由利麟太郎は、かつてある事件をきっかけに警視庁を退職。学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍している。一方、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝うことも。由利の捜査方法は、ひたすらに事件現場を観察し続けること。見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らない静かな男だが、洞察力と論理的思考は天才的という役どころ。

 志尊演じる三津木俊助は、由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。 静かな“静”の由利に対し、よくしゃべる“動”の三津木。一見すると、さわやかな青年であるが、ふいに事件の核心に触れることも......。

 連ドラ初主演が決まった吉川は「“由利麟太郎”をやらないか? とお話をいただいたとき、面白い挑戦だなと思いました。そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声を掛けないでしょう(笑)」とコメント。自身の役どころについては「由利は、心の奥底に深い孤独を抱えながら、人生をさすらっている男。セリフよりも、横顔や後ろ姿で、彼の生きざまを醸せればと思いながら演じました」とした上で、共演する志尊や作品については「助手の俊助を演じている(志尊)淳はとても勘が良く、頭の回転も速い。由利との関係性もうまく出ているんじゃないでしょうか。セリフの量では淳が主役です(笑)ちょっと不思議な手触りの作品になっていると思うので、楽しみにしていてください」と語った。

 一方の志尊は、「二人の色濃く、コミカルなバディーが、いろんな角度から事件の謎を解決していきます。撮影を経て、僕と吉川さんの距離が縮まったのと同じように、どんどん近くなっていく由利先生と三津木くんのバディー感もお楽しみに」とファンに呼びかけている。

 新ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)は、6月16日スタート。毎週火曜21時から5週連続放送。
《KT》

関連ニュース

page top