小池百合子都知事、五輪“1年”延期に「正直ほっとしました」 | RBB TODAY

小池百合子都知事、五輪“1年”延期に「正直ほっとしました」

エンタメ その他
小池百合子東京都知事【写真:竹内みちまろ】
  • 小池百合子東京都知事【写真:竹内みちまろ】
 小池百合子東京都知事が、24日放送の『news zero』(日本テレビ系)に生出演。東京オリンピック・パラリンピックの1年程度延期についての心境を吐露した。


 同日夜、安倍晋三首相は、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月24日に開幕予定だった東京五輪を1年程度延期することで一致した。

 これを受けて同番組に緊急生出演した小池都知事は、有働由美子からの一問一答に回答。「オリンピック、1年延期でほっとした?」に「正直、ほっとしました」。「延期しても開催、開催に重要な場所は確保できる?」には「はい。そうありたいと思います」としつつ、「大変です」と答えた。

 さらに「東京でオーパーシュート(患者の爆発的急増)は始まっている?」という問いには「えー……専門家の方々によれば、今一歩踏みとどまっているけど、気を抜くことはできないということです」と返した。

 また都知事は「開催地としては1年か2年かというのは大きな違いがある」と見解を述べ、「その意味では1年というのは2年よりも良かったと思っている」と吐露した。

 都知事はさらに「中止よりは良いけれども、延期という2文字もかなり色々な作業が伴う」と、会場確保などの難しさを明かしながら、「でも中止と比べると全然良い」と印象を話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top