チュートリアル徳井、ラジオ番組で活動再開報告 | RBB TODAY

チュートリアル徳井、ラジオ番組で活動再開報告

エンタメ その他
チュートリアル・徳井義実【写真:竹内みちまろ】
  • チュートリアル・徳井義実【写真:竹内みちまろ】
 所得税申告漏れなどの問題で活動を自粛していたお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が7日夜、KBS京都ラジオの番組『キョートリアル! コンニチ的チュートリアル』に出演し、活動再開を報告するとともにリスナーに謝罪した。

 番組冒頭、徳井は「私、去年の税金に関する問題が発覚してから、4カ月ちょっと自粛しておりまして、この度、活動再開させていただくことになりました」と報告。「この間、このラジオにリスナーの皆さんからいただいたメールに目を通させていただいた。叱咤激励、いろんなメッセージがありました。本当に深く考えて、またこの『キョートリアル』で相方の福田(充徳)さんと一緒にやっていきたいと思います。改めて本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 リスナーからのメールには全て目を通したといい、「だめなことはだめですねといいながらもすごく温かいメッセージが多くて、ありがたかったですね」「アホにね、こんな温かいメッセージをいただいて、ありがとうございます」と感謝。

 活動自粛中の生活については、初めのうちは外出する気にもならず、ずっと在宅していたといい、「それこそずっと家におるから音楽を聴くとかテレビを見るとか、ゲームするとか、なんなとしようはあるけど、何もする気にならへんし、おなかも減らへんし、無の状態がずっと続いていた」「何にも心が動かなかった」と明かした。

 その後、「昨年末ごろにやっと音楽をちょっと聴こうという気持ちになった。ハッピーな曲やアップテンポな曲は入ってこない。初めてすんなり入ってきたのが長渕(剛)さんの『泣いてチンピラ』だった」と話した。年明けからはジムに通い始め、トレーニングの後、近所の喫茶店に行って帰ってくる生活が続いていたという。

 徳井は改めてリスナーに対し、「心配ありがたかったです。そういう人たちの気持ちも裏切らないように今後頑張っていきます」と誓った。
《角谷》

関連ニュース

page top