実は“不器用”?!バレリーナ・森下洋子、“世界の森下”と言われるまでを振り返る | RBB TODAY

実は“不器用”?!バレリーナ・森下洋子、“世界の森下”と言われるまでを振り返る

エンタメ その他
写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
 2月29日放送の『サワコの朝』(MBS/TBS)には、ゲストにバレリーナの森下洋子が登場する。


 松山バレエ団のプリマバレリーナ・森下洋子は、25歳の時に、権威あるヴァルナ国際バレエコンクールで日本人初の金賞を受賞。“東洋の真珠”と謳われた。デビューから69年が経つ今も、美しき現役バレリーナとして年間50回程の舞台で華麗に踊り続けている。

 そんな森下がバレエを始めたのは3歳の時。以降、あっという間にバレエの魅力に引き込まれ、気付けば虜になっていたという。番組では、「お金は出すけど、口は出さない」という判断を下した両親に支えられながら、大好きな稽古に明け暮れた日々を振り返っていく。

 一方、自身を不器用だったと話す森下。「やっていれば必ずできる。69年間、1日も練習を休んだことはない」と言い、サワコを驚かせる。不器用だった少女がなぜ“世界の森下”といわれるまでになれたのか?

 『サワコの朝』(MBS/TBS)は、2月29日7時30分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top