古瀬絵理、グラビア挑戦に感謝「グラビアって素晴らしい仕事」 | RBB TODAY

古瀬絵理、グラビア挑戦に感謝「グラビアって素晴らしい仕事」

エンタメ その他
古瀬絵理、グラビア挑戦に感謝「グラビアって素晴らしい仕事」
  • 古瀬絵理、グラビア挑戦に感謝「グラビアって素晴らしい仕事」
 古瀬絵理が、22日放送の『極上空間』(BS朝日)に出演。グラビアの仕事に感謝する一幕があった。


 2000年、NHK山形放送局の契約キャスターになった彼女は「スイカップ」の愛称で注目を集めた。2004年にその契約が切れると芸能事務所に所属。だが仕事がなく失意の日々を過ごしていたという。そこで2006年、雑誌のグラビアに挑戦すると大いに話題となった。

 ただ古瀬にとってはグラビア挑戦は単なる「記念」ととらえていたのだが、ある番組のロケで、グラビアにも携わっているヘアメイクの方から「そのあとどうして(グラビアを)やらないの?」「(セールスポイントを)持ってるのにそれを使わないのはもったいない」と指摘されたという。

 古瀬は当初から胸で注目された分、それに反発していたが、「イメージ通りの流れに乗っかってみたらどうなるのか」と発想を切り替え、積極的にグラビアの仕事を受け始めたという。すると結果的にグラビア以外の他の仕事も増えたのだとか。

 そこで古瀬は「グラビアはプロモーション」と考えを改めることができ、「グラビアって素晴らしい仕事だなと思うようになった」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

page top