チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た! | RBB TODAY

チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!

ライフ グルメ
チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!
  • チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!
  • チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!
  • チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!
  • チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!
  • チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!
  • チョコレートらーめんに、ラーメンの真の力を見た!
やっぱり人生において、「どうしたらいいのかわからない」ってタイミング、やってきますよね? たとえばオッサン上司が歯切れの悪い微妙なギャグをカマしてきたときとか。笑っときたいけど意味わかんなくて、どうしても自分にウソがつけない的な。

今回紹介する、幸楽苑の「チョコレートらーめん」「ホワイトチョコレートらーめん」(3月11日までの期間限定メニュー 両商品とも税込640円)を食ってこい、と編集部から言われたときの心境が、まさにそれっすよ。こんなもん食うのユーチューバーしかおらんだろ! このらーめん、日本の悪しき習慣であるところのバレンタインデーに引っ掛けて開発されたらしいんですけども。そりゃあ思いついたときは「これだ!」って思ったかもしれない。けれど、そもそもバレンタインデーに必要なのかと。なんかもう、プレスリリース見てもノリノリだし。

なんか動画のCMまで作ってるし!




しかもググると、ネットでもけっこう人気あるんですよね。なんかもう、僕なんかはチョコ貰ったことないので(除:母親)、バレンタインデーっていうだけでもう、できれば避けて通りたいのですが、ひとまず食べに行ってきました。

さて、幸楽苑のカウンターに座りオーダーしたのですが、もうね、恥ずかしい。オッサンであるところの僕が一人で「ちょ、チョコレートらーめん」とかさ。試したい方は、少なくとも2人以上で行ったほうがいいっすよ。「面白半分で食べに来ました」オーラを放ったほうが。ちなみに今年からホワイトチョコレートらーめんも登場したらしいのですが、今回はスタンダード(?)な普通のチョコレートらーめんを頼みました。

待つこと数分。チョコレートらーめんが運ばれてきました。意外と違和感ないですね……と言いたいところなのですが、濃い色のスープの真ん中に、板チョコが不時着したかのように乗っかっていて、スープに浸っている箇所がすでに溶け始めているっていうね。

チョコレートらーめん。スープの色からして、一面にチョコレートがとろけ出しているように見えますが、色はスープ由来です。


そして真ん中に刻みショウガが置いてあって、「おいこれ明らかにチョコを中和するためのもんだろ!」と思ったのですが、あんまり恐れていても仕方ないので、まずはスープから。

中央付近に位置する刻みショウガ。小さじ一杯分くらいはありそう。


あれ? 見た目からしてドロっと甘いのかなと思いきや、いつものウマい幸楽苑のらーめんな味ですよ。普通にしょうゆらーめんってところで、ほ~んのりまろやかさを感じるところが、相違点でしょうか。

見た目から、ドロドロの甘々だと思っていたスープですが、普通にラーメンとして美味いスープでした。


「なーんだ、イケるじゃん」と思ってひたすらズバズバと食っていったのですが、気がつくとね、いねーんですよ。ヤツがいねえ……。ヤツってのは、チョコレートなんですけれども。安心してらーめんをかっこんでいる間に、スゥ~っと姿を消しちゃったわけ。ていうか、溶けやがった。多少誇張してますが、チョコの大半が溶けてたんですよね。

溶けたチョコとラーメン。いやぁ……キャッチコピーに「禁断の恋」って書いてあったけどもさ! むしろ無理やり結婚させられてる感あるだろ! まあ僕はそっち系のストーリーのほうが好みだけど。


そしてここからが本番というか、チョコ濃度マックス地帯に進撃してみましたよ。チョコを絡めてずずーっと口に入れてみた! ゴアァァァァァ! 無理ィィィィ! やっぱこのらーめん間違ってるー! ……とは全然ならず、むしろ甘辛系の食い物的な? 一緒にするのはどうかと思いますが、すき焼きだって砂糖が入っているわけで、結局甘いからってお菓子とは限らないんですよね。そして、チョコレートってやっぱりコクがあるから、それも効いてくる。

あ、忘れてはいけないのがショウガですが、正直、コイツはなんで入っているのかイマイチわかりませんでした。

こうなると、溶けたチョコはもうらーめん全体に行き渡ってきていて、チョコ風味が平準化された状態に。甘さはまったく感じなくなり、むしろチョコのコクと言うかまろみ? というかが広がっている形となりました。たぶん、これがチョコレートらーめんの本来の姿なのかなと。いつもの幸楽苑らーめんに、コクとまろやかさが加わったイメージですね。甘さはほぼ感じませんでした。そして、最後までけっこう普通にガツガツ食えてしまいましたよ。

というわけで完食! チョコレートらーめんは、好き嫌いはあると思いますが、チョコを溶かして全体に行き渡らせる限りに於いては、特に「チョコレートがぁ~」的なゲテモノ食いを心配する必要はないですね。普通の、ちょっと話題のメニューとして試してみても、いいのではないでしょうか。そしてね、気がついたのですが、げに恐ろしきはらーめんの力ですよ。らーめんの味の強さってのは、チョコレートが少し入ったくらいでは揺るがないのね! チョコレートを因数分解(?)すると、「甘さ」「コク」「ほろにがさ」に分けられると思うけど、らーめんはそれらチョコレートの良さを飲み込んで、さらに進化するのだ的な。なるほどいろいろな種類のラーメンができるわけだと。どんなものが入っても、らーめんはらーめん足り得るのだなあと、感じ入った次第です。

さいごに、チョコレートらーめんに、おまけで付いてきたチロルチョコ。久々に食ったけど、ウマいね! ごちそうさまでした!
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top