5Gで空港案内カウンターをバーチャル化……ドコモが国内初の実証実験 | RBB TODAY

5Gで空港案内カウンターをバーチャル化……ドコモが国内初の実証実験

IT・デジタル その他
5Gで空港案内カウンターをバーチャル化……ドコモが国内初の実証実験
  • 5Gで空港案内カウンターをバーチャル化……ドコモが国内初の実証実験
 NTTドコモは1月31日、成田空港で5Gを活用した「遠隔アバター案内」の実証実験を開始すると発表した。空港で5Gを活用した遠隔での有人案内を実施するのは、日本初のこと。


 今回の実証実験では、同社が2020年春に商用サービス開始を予定している第5世代移動通信方式「5G」を活用。「遠隔アバター案内」カウンターに設置されているマイクやカメラから、ユーザーが問い合わせを行うと、音声データや映像データが、遠隔地にいるオペレーターに伝送。ディスプレイ上のアバターがユーザーと対面で会話しているかのように、案内を実施する。

 これにより、将来的には空港案内業務の効率化を目指すことができ、空港スタッフの採用機会拡大、さらにはスタッフの働き方改革促進を目指すことができるとしている。実施は、2月3日から3月27日の平日14時から15時が予定されている。
《KT》

関連ニュース

page top