神田松之丞、東出不倫報道に「役者としてちょっと致命的」 | RBB TODAY

神田松之丞、東出不倫報道に「役者としてちょっと致命的」

エンタメ その他
 講談師の神田松之丞は24日放送の「神田松之丞 問わず語りの松之丞」(TBSラジオ)で、俳優の東出昌大の不倫疑惑について言及した。「男と女が本気の演技をすると好きになっちゃうんだよね」と一定の同情を示しつつ、相手の女性との仕事が終わってからも不倫関係を続けたとされる点に「役者としてちょっと致命的」と心配した。

 松之丞はこの問題について「東出さんはすごい落語好きだから、(同じ落語好きとして)俺も肯定したいなと思うけど、俺は世間の風を読む男じゃない?」と切り出した。世論の動向を探ろうとネット掲示板「ガールズちゃんねる」を開いてみたところ、東出への風当たりの強さに驚いたという。「まあ怒ってるわけ。その怒りたるや、よく他人事でこんなに怒れるなというぐらい怒ってるわけ。『東出はそもそも大根だった』とかさ。ネット民の井戸端会議がもうすごいことになってるんだよ」と松之丞。

 ただ、それらの批判について、「役者って言う商売を分かってなくて…」と指摘。「男と女が本気の演技をすると好きになっちゃうんだよね。ほれるのも仕事だからね」と語った。その上で、「ただクランクアップされたらそこでパンと終わるのも仕事なんだだけど、俺と違って東出さんもまだ若いから、ほれるのも早かったかもしれないけど冷めるのも遅いという、役者としてちょっと致命的なところはあった」としつつ、「役者として今後ちゃんと見てあげて欲しいというのはあるね」と付け加えた。

 松之丞はその後、「ああ、これでガルちゃん民になんか言われるな」と心配。「東出さんが悪い。僕が言ってること完全におかしかったです」「(妻の)杏さんが正しい」と強調した。
《角谷》

関連ニュース

page top