来週放送!新大河ドラマ『麒麟がくる』第一話あらすじ公開 | RBB TODAY

来週放送!新大河ドラマ『麒麟がくる』第一話あらすじ公開

エンタメ 映画・ドラマ
 新大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の放送を一週間後に控え、第一話のあらすじが発表された。


 同作は、俳優・長谷川博己主演の大河ドラマ59作。1月19日に放送される第一話タイトルは「光秀、西へ」。明智光秀(長谷川博己)は、領地を荒らす野盗を撃退した際に「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。その後、光秀は鉄砲がどういうものか探る旅に出るが、堺でひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られる。次に向かった京では、名医と名高い望月東庵(堺正章)と出会うが、大のばくち好きで、本当に名医なのかヤブ医者なのかわからない。そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事に見舞われる。

 なお、同ドラマは麻薬取締法違反の罪に問われた女優・沢尻エリカ被告の代役として、川口春奈が出演することでも話題。急遽決定した大役だが、川口が初の大河でどのような演技を見せるのかにも注目が集まる。

 『麒麟がくる』(NHK)は1月19日スタート。総合テレビで20時から、BSプレミアムで同日は17時30分から、BS 4Kでは9時から放送される。なお、初回は75分の拡大放送となる。

《KT》

関連ニュース

page top