2022年大河ドラマが『鎌倉殿の13人』、主演は小栗旬!脚本は三谷幸喜 | RBB TODAY

2022年大河ドラマが『鎌倉殿の13人』、主演は小栗旬!脚本は三谷幸喜

エンタメ 映画・ドラマ
小栗旬【撮影:小宮山あきの】
  • 小栗旬【撮影:小宮山あきの】
  • 三谷幸喜(撮影:non)
 NHKは8日、2022年の大河ドラマとして『鎌倉殿の13人』を放送すると発表した。


 同作の舞台となるのは、平家隆盛の鎌倉時代。タイトルに登場する鎌倉殿は、鎌倉幕府将軍のこと。主人公・北条義時は弱小豪族の次男坊に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車が回り始める。1180年、頼朝は関東武士団を結集し、平家に反旗。北条一門はこの大博打に乗り、頼朝第一の側近となった義時は、決死の政治工作を敢行。遂には、平家一門を打ち破る。

 幕府を開き将軍となった頼朝だったが、絶頂のさなか、彼は謎の死を遂げる。義時は、二代将軍・頼家、そして三代将軍・実朝の叔父として幕府の舵かじを取るが、源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか?

 主演の北条義時を演じるのは、俳優の小栗旬。今回の決定については「2年後40歳という節目の年に放送される大河ドラマを演やれることに幸運と興奮と、大きな喜びを感じています」とコメント。「どうすれば皆さんの期待を裏切らない義時を演ずる事が出来るのか、など今から想像するだけでワクワク胸躍る思いです」と心境を語っている。

 また、脚本は三谷幸喜が担当。三谷は、『新選組!』『真田丸』に続く3作目の大河ドラマ執筆となる。放送は、2022年1月から12月が予定されている。

《KT》

関連ニュース

page top