トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証 | RBB TODAY

トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証

IT・デジタル ネタ
トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
  • トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
  • トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
  • トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
  • トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
  • トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
  • トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
  • トヨタ、新都市「Woven City」建設計画発表!AIや自動運転など最新技術を検証
 トヨタ自動車は、現地時間1月7日から10日の期間に米ラスベガスで開催された「CES 2020」において、モノやサービスがつながる実験都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表した。


 建設地は、2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本の東富士工場(静岡県裾野市)跡地。2021年着工予定で、将来的に約70.8万平方メートルという敷地面積になるとのこと。

 プロジェクトでは、自動運転やモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術といった最新技術を、同都市の人々の暮らしに導入。たとえば、街の道は完全自動運転車等が走行する道と、歩行者やスピードが遅いパーソナルモビリティが共存するプロムナードのような道、そして歩行者専用道路の3種類が整備される。

 同社は網の目のように道が織り込まれ合う街の姿から「Woven City」(ウーブン・シティ)と命名。まずは、同社従業員やプロジェクト関係者をはじめ、2000名程度の住民が暮らすことを想定しているという。今後は、世界中の様々な企業や研究者などに対し、実証への参画を募って行く予定。

《KT》

関連ニュース

特集

page top