橋本環奈、今度はドSな売れっ子作家に!EXILE 佐藤大樹とダブル主演 | RBB TODAY

橋本環奈、今度はドSな売れっ子作家に!EXILE 佐藤大樹とダブル主演

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2020「小説の神様」製作委員会
  • (c)2020「小説の神様」製作委員会
 佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈がダブル主演を務める映画『小説の神様』が、2020年5月22日に公開されることが決まった。


 原作は、講談社タイガレーベルの『小説の神様』。ナイーブで売れない作家とドSな売れっ子作家という、すべてが真逆な2人の高校生小説家がまさかの共作で大ベストセラーを目指すという青春ストーリーが描かれる。著者・相沢沙呼は、最新作『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」にて、ともに1位を受賞した気鋭の作家。作品の中でも『小説の神様』は、タイガレーベルの中で常にトップを走り続けた人気コンテンツで、初の映画化となる。

 ナイーブで売れない高校生小説家・千谷一也役を演じるのはEXILE/FANTASTICSのパフォーマーとして活躍する一方、『ママレード・ボーイ』『センセイ君主』などに俳優として出演する佐藤大樹。クラスの人気者でヒット作を連発するドSの高校生小説家・小余綾詩凪役は、『銀魂』など人気作への出演が続く橋本環奈が務める。苦悩、努力、挑戦の先で、合作はどうなっていくのか?友情を超えて、2人の間に生まれる絆の行方は?

 佐藤は自身の役柄について「普段の僕とは真逆の見た目や性格でした。だからこそ演じ甲斐がありましたし、役作りやどんな作品にしたいかなどを監督と密に話し合い共に作りあげていきました!」とコメント。橋本は、「今過去作で高校生役は数多く演じさせて頂きましたが、クラスに職業作家が2人いるというリアリティの有りそうで無さそうなこの役は、ある種新たなる挑戦でもありました」と今作について語っている。

 映画『小説の神様』は、2020年5月22日全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top