武田鉄矢、会社社長役でSPドラマ『義母と娘のブルース』出演 | RBB TODAY

武田鉄矢、会社社長役でSPドラマ『義母と娘のブルース』出演

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 1月2日放送『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)に、武田鉄矢の出演が決定した。


 同ドラマは、桜沢鈴による同名4コマ漫画が原作。2018年7月クールに火曜ドラマ枠で放送された。今回のSP版は、連続ドラマで放送された物語の1年後がオリジナルストーリーで描かれる。

 武田が今作で演じるのは、大阪の大手コンサルタント会社に勤める亜希子(綾瀬はるか)が担当するクライアント「ゴルディック」の社長・山本勘九郎。今作のストーリーに大きな影響を及ぼす重要な役どころだ。なお、コンサル会社の亜希子のボス役に橋本さとし、みゆき(上白石萌歌)が大学で所属している企業サークルの先輩・桜向日葵役に吉川愛が新たに決まった。また、今作のキービジュアルが完成! 「謹賀新年スペシャル」との名にふさわしく、令和初のお正月らしさが盛り込まれたビジュアルになっている。

 『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)は、1月2日21時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top