杉村太蔵VSデーブ・スペクター、薬物使用タレントの「芸能界復帰」を巡り舌戦展開!  | RBB TODAY

杉村太蔵VSデーブ・スペクター、薬物使用タレントの「芸能界復帰」を巡り舌戦展開! 

エンタメ その他
杉村太蔵【撮影:編集部】
  • 杉村太蔵【撮影:編集部】
  • (c)Getty Images
 杉村太蔵とデーブ・スペクターが、24日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。麻薬取締法違反容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者の件に絡み、舌戦を展開した。


 先週の『サンジャポ』で杉村は、薬物使用後の芸能界復帰をめぐる議論について、「(復帰しよう、復帰させようという考えは)どう考えても甘い。一発アウトだということを示さないとダメ」と主張。だがこの意見について爆笑問題・太田光やテリー伊藤、さらには他の著名人から反論があったと明かしながら、「私の考えはいささかも変わりません」と断言。

 また杉村は懸念点として、「青少年に、『芸能人が手を出しても簡単に復帰できるんだ』という間違ったメッセージを与えかねない」という危険性を指摘。「太田さんやテリーさんのような、この業界のリーダーの方々に示していただきたい」と求めた。

 だがそこに割って入ったのがデーブ・スペクター。「(復帰する)タイミングが早すぎるのか? それとも、いつであろうとダメ、どちらなんですか?」と問いただすと、杉村はその答えには明確には答えず、「法治国家である以上、法を犯した人には寛大さの前に、厳しさを示すのがテレビの役割」と主張。

 自分の質問に答えないことにシビレを切らしたデーブは「一発アウトなの、どっちなの? 何年経っても復帰できない?」と追及すると、杉村は「テレビの復帰は一発アウトということを示すべき」と、少なくともテレビ界は追放すべきと強調。

 デーブから「現に、シンガーソングライターや好かれてる人が薬物で逮捕され、復帰して大活躍しているが、それもダメか?」と尋ねると、杉村は「僕は、それは時代に合わないと思います」と力を込めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top