水野美紀、子育てトーク中に突然、自分が書いたエッセイをPR!久本雅美も驚き「挟み込む!?」 | RBB TODAY

水野美紀、子育てトーク中に突然、自分が書いたエッセイをPR!久本雅美も驚き「挟み込む!?」

エンタメ その他
水野美紀【撮影:浜瀬将樹】
  • 水野美紀【撮影:浜瀬将樹】
 水野美紀が、16日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。突然のセールスプロモーションを始め、共演者が驚く一幕があった。


 この日は夫で俳優、イラストレーターの唐橋充とともに出演した水野。40歳を過ぎてからの出会いや交際0日婚の真相などを2人で語った。また現在、2歳3か月になる我が子との生活を自撮りで撮影。夜、寝かしつけるために抱っこをして散歩をする様子などが紹介された。

 そんな子育てのハプニングにも言及。我が子の姿をおさめた大量の動画の保管先であるネット上のクラウドを更新したら、3000本の動画が昨日すべて消えてしまったことや、家族のキャンプで、唐橋が子どものヒーローになるために頑張ったエピソードなどを披露した。

 すると水野はそんなトーク中、いきなり「我が家の事件簿に興味を持った方は是非、11月発売のこちら……」と言いながら、ソファの後ろにある本を取り出し、自ら書いたエッセイ『水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。』と書名を告げた。

 突然の告知に、いとうあさこは「急に!?」と驚き、村上佳菜子も「急に来ましたね」とびっくり。久本雅美も「すみません、ちょっと待ってください」と困惑。「挟み込む!? 今までこんな流れなかったから」と指摘すると、水野は「すみません」と恐縮しながらも本はしっかりと持っていた。ちなみに唐橋は後ろを向きながら大笑いしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top