上白石萌歌、映画『子供はわかってあげない』主演に「10代最後の夏、すべての想いを込めました」 | RBB TODAY

上白石萌歌、映画『子供はわかってあげない』主演に「10代最後の夏、すべての想いを込めました」

田島列島 長編デビュー作『子供はわかってあげない』の実写映画化が決定。2020年初夏公開が発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • (C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
 田島列島 長編デビュー作『子供はわかってあげない』の実写映画化が決定。2020年初夏公開が発表された。


 原作は、『モーニング』に連載され、「マンガ大賞2015」で2位にランクインした同名コミック。舞台は、もうすぐ夏休みのある日。高校2年の美波は水泳部の練習中に、ちょっと変わった書道部員のもじくんと学校の屋上で運命的に出会い、思いもよらない父親探しの旅が始まる。初めての恋、秘密の家族……様々な出会いで美波が成長していくさまが描かれる。

 主人公・美波を演じるのは上白石萌歌。相手役は細田佳央太が務める。細田は新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』主演に抜擢され、話題を呼んだ存在。今作では沖田監督とタッグを組む。主演が決まった上白石は「かねてから大好きだった沖田監督の作品に携われることが心から幸せでした」と喜び。「瑞々しい原作の空気感と沖田監督の映像美がどんな化学反応を起こすのか楽しみで仕方がありませんでした」と語り、「10代最後の夏はすべての想いをこの作品に込めました。きっと人生の宝になります」と作品への注力ぶりを伝えた。

 また、上白石の相手役を務める細田は「高校最後の夏に沖田組での撮影に参加させて頂けたこと、素敵な共演者・スタッフの方々・作品に巡り会えたこと、全てに感謝です」と語った。映画『子供はわかってあげない』は、2020年初夏全国ロードショー。
《KT》

関連ニュース

page top