ムロツヨシ、『世にも奇妙な物語』初主演に喜び「43歳で夢をかなえる事ができました」 | RBB TODAY

ムロツヨシ、『世にも奇妙な物語』初主演に喜び「43歳で夢をかなえる事ができました」

11月9日21時より放送の『世にも奇妙な物語’19秋の特別編』(フジテレビ系)に、ムロツヨシの出演が決定した。ムロはオリジナル作品『コールドスリープ』にて『世にも奇妙な物語』初主演を務める。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 11月9日21時より放送の『世にも奇妙な物語’19秋の特別編』(フジテレビ系)に、ムロツヨシの出演が決定した。ムロはオリジナル作品『コールドスリープ』にて『世にも奇妙な物語』初主演を務める。

※注目写真集をチェックする

 ムロは作中で演じるのは「ITの風雲児」「未来を想像する男」と称される社長・藤田吾郎。彼には一人息子の恭平(長野蒼大、のちに落合モトキ)がおり、優秀な大人になるように、教育にもかなり力を入れていた。しかし、恭平と副社長の大岩(桜井聖)はそんな藤田の身を案じていた。というのも、数週間前、藤田は治療法のない病気と診断され、余命3ヶ月を宣告されていたからだ。不思議なカプセルの前に立つ藤田。しかし彼が入ろうとしていたのは、生物を生きたまま低温状態で保存し、組織の老化を防ぐ“コールドスリープ”の機械だった。

 この機械は最大50年冬眠できて、途中4回まで覚醒する事が出来るという。この治療法にいちるの望みをかけて冬眠に入る藤田だったが...。

 ムロは『世にも奇妙な物語』初主演について「43歳で主演という夢をかなえる事ができました!ありがたいですし、うれしい限りでございます」とコメント。自身の出演する作品については「もっと怖かったり、もっと不思議なジャンルを見てきましたが、今回は、もしかしたら日常的にありそうな…でもちょっと違う。ちょっと日常的でちょっと非日常なところがおもしろくて、やりがいがありました」と語っている。

 『世にも奇妙な物語’19秋の特別編』(フジテレビ系)は、11月9日21時より放送。
《KT》

関連ニュース

特集

page top