宮沢りえ、アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』で“2020年の中山ひとみ”役に | RBB TODAY

宮沢りえ、アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』で“2020年の中山ひとみ”役に

アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』は、12月13日より全国公開。このほど、“2020年の中山ひとみ”役として実写版『ぼくらの7日間戦争』に出演している宮沢りえの出演が発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
宮沢りえ、アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』で“2020年の中山ひとみ”役に
  • 宮沢りえ、アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』で“2020年の中山ひとみ”役に
 アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』は、12月13日より全国公開。このほど、“2020年の中山ひとみ”役として実写版『ぼくらの7日間戦争』に出演している宮沢りえの出演が発表された。

※Xperiaファンに朗報!nuroモバイル、先行予約がお得な「Xperia Ace」キャンペーン!【PR】

 同作では、1985年からシリーズ出版が続く名作がアニメ化。実写版は1988年に公開され、宮沢が女優デビュー&初主演を飾った作品として知られているだけに、同作ファンからは大きな反響がありそうだ。しかも、宮沢が演じているのは、実写版で演じた中山ひとみの約30年後のキャラクタ。中山は仲間たちを鼓舞して大人たちに反抗した学級委員というキャラクターで、戦車とともに「七日間戦争」のアイコンとなった。2020年のひとみはどんな姿をしているのか?新しい「7日間戦争」に向き合う少年少女たちとの交流はあるのか?

 監督を務めた村野佑太は、宮沢の起用について「原作でも映画でも、大人達はインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出した素敵な女性の姿がありました。かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で『7日間戦争』に戻って来てはくれないだろうか...それは脚本段階からの一番の関心ごとでした。宮沢さんは、実写とアニメの垣根を越えて、時代を越えて、中山ひとみとしてスクリーンに戻ってきます」と語っている。

 また、宮沢は「私のデビュー映画『ぼくらの七日間戦争』が当時観てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション『ぼくらの七日間戦争』も皆さんの心を揺さぶる事が出来ます様に。是非映画館の大画面でお楽しみ下さい」と呼びかけている。

 アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』は、12月13日より全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top