保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行 | RBB TODAY

保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行

クラウドファンディングによって設立された、保護猫シェルター「猫庭」の小学生館長による初の単行本『猫庭ものがたり』(朝日出版社)が刊行された。

ライフ ペット
保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
  • 保護猫シェルター立ち上げた小学生の素敵なエッセイ『猫庭ものがたり』刊行
 クラウドファンディングによって設立された、保護猫シェルター「猫庭」の小学生館長による初の単行本『猫庭ものがたり』(朝日出版社)が刊行された。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 同書は、山口県山口市にある「てしま旅館」の次女で、小学6年生の手島姫萌さんが猫の里親を見つけるまでのエピソードを綴った写真エッセイ集。手島さんの父親は旅館を営んでおり、“猫ぎらい”。小学校1年生のときに河原で猫を拾った手島さん。父親を説得し、猫を家で飼うところからエッセイはスタートする。

 一匹の捨て猫との出会いをきっかけに、山口県の「殺処分ゼロ」を目標に掲げてクラウドファンディングに挑戦した手島さん。そんな活動の中、2016年6月、てしま旅館の中庭に保護猫シェルター「猫庭」が完成しました。現在は、平均して年間100匹の猫の保護と、新しい家族へと譲渡を続け、命を繋いでいる。

 そんなシェルターで保護された猫の「こうちゃん」。同書では、「人間が苦手」なタイプの猫・こうちゃんが、猫庭を通じてある夫婦と出会い、シェルターを巣立って行く様子が描かれる。小学生ながら大きな理想を掲げ、奮闘する「猫庭」の小学生館長・手島さんによる単行本『猫庭ものがたり』(朝日出版社)は、現在発売中。
《KT》

関連ニュース

page top