回転ずしレーンのネタにはこだわりの順番が!順番決定会議に潜入 | RBB TODAY

回転ずしレーンのネタにはこだわりの順番が!順番決定会議に潜入

エンタメ その他
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 8月4日午前7時30分からは、『がっちりマンデー!!』(TBS系)が放送される。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 番組では、スタジオゲストには経済アナリストの森永卓郎と、青山学院大学陸上競技部の原晋監督を招いて、各社の儲かりの秘密を調査。今回対象となるのは、全国各地に展開される有名回転寿司チェーン店。売り上げに関わる重要なポイントとして、レーンに流すネタの順番があるという。1番から140番までを週ごとに、細かく決めているというが、どうしてそこまでこだわるのか?番組は順番決定の会議に潜入取材する。

 さらに、ディスカウントストアの有名チェーン店にも密着。何でも手に入るストアだけに、それぞれの売り場担当者がメーカー担当者と直に仕入れ数、値段交渉を行っているという。また、社員だけでなくアルバイトでも、売り場を任された以上は、交渉も任されるというから驚きだ。番組では、交渉現場に潜入し、シビアなやり取りと、陳列の工夫などを聞いていく。

 有名デパートの北海道物産展で、全てを決めているのがスーパーバイヤー。テレビや雑誌でも人気がある本田大助さんも、その一人だ。北海道の名店を誘致する現場に密着しながら、開催地ごとに変わる店舗の理由や、展示販売、盛り付け方の重要性など儲かりの裏側を取材する。
《KT》

関連ニュース

page top