“女同士のバトル”が見どころ!芦名星主演ドラマ『W県警の悲劇』極嬢ゲストらのビジュアル解禁 | RBB TODAY

“女同士のバトル”が見どころ!芦名星主演ドラマ『W県警の悲劇』極嬢ゲストらのビジュアル解禁

7月27日スタートのドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東)で、最終話までのゲストが一挙解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)「W県警の悲劇」製作委員会 2019
  • (C)「W県警の悲劇」製作委員会 2019
  • 伊藤かずえ(C)「W県警の悲劇」製作委員会 2019
  • 優希美青(C)「W県警の悲劇」製作委員会 2019
  • 床嶋佳子(C)「W県警の悲劇」製作委員会 2019
  • 戸田菜穂(C)「W県警の悲劇」製作委員会 2019
  • 鈴木砂羽(C)「W県警の悲劇」製作委員会 2019
  • 安藤裕子アーティスト写真
 7月27日スタートのドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東)で、最終話までのゲストが一挙解禁された。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 同ドラマは、主人公・松永菜穂子(芦名星)が毎回強力な女性警察官と対峙する“女同士のバトル”が見どころの、謎解きエンターテイメント。毎回、一癖も二癖もある実力派女優たちがゲストとして登場するところも見どころの1つとなっている。すでに、第1話・佐藤仁美、第2話・佐津川愛美、第3話・谷村美月の出演が決まっているが、このほど第4話から第8話までのゲストも決定。

 第4話では、組織対策課のベテラン野尻恒之警部に秘めたる思いを寄せ、特殊な能力をもって捜査に当たる千春役を優希美青。第5話では、窃盗犯担当の刑事ながら仕事と家庭の間でストレスからとある秘密を抱える金井聡美役を戸田菜穂。第6話では、組織犯罪を追いかける身でありながら、指定暴力団の構成員と許されない関係に落ちている刑事・高寺沙友里役を鈴木砂羽、 第7話では、松永菜穂子がかつて憧れていた女性刑事で、父を殺害した罪で出頭する滝沢純江役を床嶋佳子。 第8話では、警察官として娘・杏奈を厳しく育てるシングルマザーであり、杏奈が行方不明になったことをきっかけに重大な秘密が暴かれる下田友里役を伊藤かずえが務める。なお、第1話に登場する熊倉清(佐藤仁美)は、最終回にも再び登場する。

 出演が決まった優希は、自身の役どころについて「(自身の演じる)千春の好きな人を思う気持ちがとっても切ないです。叶わないと思いながらもまっすぐ一途に想っている姿がとっても可愛らしくて素敵な子だなと思いました」と印象をコメント。戸田は「取調室で、芦名さんとの警察官同士の駆け引きのシーンが多いので、楽しみにしています」と意気込みを語った。

 さらに、鈴木は「女性ばかりの華やかかつ熾烈な?!ドラマです。 毎回どんな展開になっていくか、、、ぜひ楽しみにご覧下さい」と呼びかけ。床嶋は「対峙する二人の女性警察官の過去と現在 の対比を楽しんでいただけたらと思います」とドラマの見どころを伝えている。伊藤は「警察官の役です が、今回は被害者の母という設定なので、警察官らしい見せ場はないのですが、警察官で、真面目なシングルマザーという役を、しっかり演じたいです」と意気込んだ。なお、彼女らも登場するドラマキービジュアルが解禁されているので、こちらも注目だ。

 また、今回、ドラマの主題歌が安藤裕子の「鑑」に決定。安藤は同楽曲について「そう漏れ出てしまうような原作の読後感を、ドラマでも毎回 エンディングで感じ取ってほしいと思いながら作りました。 曲のイントロダクションでぞわぞわとして欲しいですね」とコメントを寄せた。

 ドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東)は、7月27日スタート。毎週土曜よる9時から放送される。
《KT》

関連ニュース

特集

page top