米倉涼子、三度目のブロードウェイ開幕で日本人初の快挙 | RBB TODAY

米倉涼子、三度目のブロードウェイ開幕で日本人初の快挙

女優の米倉涼子が現地時間7月1日、ミュージカル『CHICAGO』ロキシー役として3度目となるブロードウェイの舞台に立った。ブロードウェイの舞台で主演女優3度目は、日本人初の快挙となる。

エンタメ その他
(C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
  • (C)MASAHIRO NOGUCHI
 女優の米倉涼子が現地時間7月1日、ミュージカル『CHICAGO』ロキシー役として3度目となるブロードウェイの舞台に立った。ブロードウェイの舞台で主演女優3度目は、日本人初の快挙となる。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 ミュージカル『CHICAGO』は、禁酒法が施行されていた1920年代の米シカゴが舞台。愛人を殺した悪女ロキシーは獄中生活の最中、一世を風靡したヴェルマと出会い意気投合する。そして出会った悪徳弁護士のビリーとマスコミの力を借りて裁判に挑む物語。

 上演当日の劇場入り口には“米倉涼子、ブロードウェイに舞い戻る”と英語で書かれたビルボードが登場。さらに、劇場で配布されるプログラムには「世界中で成功を収めた『CHICAGO』は日本のスーパースターのリョウコ・ヨネクラを歓迎する。観客を魅了するんだリョウコ!」と激励のメッセージが添えられた。

 初日を終えた米倉は、「キャストがウェルカムで迎えてくださり、いつでも力になるからと言ってくれて、本当に素敵なカンパニー」と、ブロードウェイに帰ってきたことを実感した様子。「2012年、2017年の時とは違う緊張感があって、色々な想いが今回はあった。『CHICAGO』とずっと関わっていたい。(同役を演じるようになって)気がついたら10年以上が経っているが、それだけの歳月を使って役を深く知ることができ、演じることが楽しくなってきている」と喜んだ。

 コンビを組むヴェルマ役のアムラ=フェイ・ライトは米倉について「CHICAGOは人生を映し出す鏡のようなもの。毎回彼女が来るたびに良い意味で変わっていっている。自分の個性を反映させた役作りをしていて、面白くて、我慢強く、そしてにじみ出る優しさが生かされている。年齢を重ね、人生経験を積み、それも活かされて“進化”している」とコメントした。

 なお、米倉は劇中の名曲「ロキシー」の録音にも挑み7月26日に世界デビューを果たすことも決定。同曲は来日ツアーに合わせて再発売される日本盤CDのボーナス・トラックとしても収録されることが発表されているので、あわせて注目。また、ブロードウェイでの出演は7月14日まで続き、その後、8月から日本公演が開幕する。
《KT》

関連ニュース

page top