二代目市川右近、大泉洋の息子役でドラマデビュー決定 | RBB TODAY

二代目市川右近、大泉洋の息子役でドラマデビュー決定

7月7日スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に、二代目市川右近の出演が決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
ドラマ『ノーサイド・ゲーム』 (C)TBS
  • ドラマ『ノーサイド・ゲーム』 (C)TBS
  • ドラマ『ノーサイド・ゲーム』 (C)TBS
 7月7日スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に、二代目市川右近の出演が決定した。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 同ドラマ主演の大泉洋が演じるのは大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。共演に松たか子、高橋光臣、笹本玲奈、眞栄田郷敦、西郷輝彦、大谷亮平、中村芝翫、上川隆也らも決定している。

 そんな同ドラマに出演が決まった二代目市川右近は、三代目市川右團次を父に持ち、6歳で歌舞伎の初舞台を踏んだ逸材。今回オーディションを勝ち抜き、主人公・君嶋隼人(大泉)の長男・博人役でドラマデビューを果たすことが決まった。先日、君嶋家の撮影が行われ、父・隼人(大泉洋)、母・真希(松たか子)、長男・博人(市川右近)、次男・尚人(盛永晶月)が顔合わせ以来初めて勢揃い。終始和やかな雰囲気で撮影は進み、感情をあらわにするシーンの撮影では涙を流す一幕もあったという。

 市川右近は、「歌舞伎とドラマでは作り方が違います。お客さんもいませんし順番に撮影していくわけではないので、順序を組み立てるのが難しいです。大泉洋さんのお父さんは真剣なときもあったけど面白かったです。歌舞伎じゃない自分を見てほしいです」としっかりとした答え。父の・市川右團次は、「こういうお芝居をさせていただくのは初めての経験ですが、感情を作ることからスタートするという意味では歌舞伎もドラマも芯は同じです。『気持ちを作って演じる』ということを積み重ねられることは歌舞伎にも必ず役立ちます。今回は非常に貴重な体験をさせていただいております。感情の作り方、心の作り方、いろんな方向に気持ちを持っていくことを勉強してがんばってくれると思います」とコメントを寄せた。

 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)は、7月7日スタート。
《KT》

関連ニュース

page top