磯村勇斗、冷酷な殺し屋役に!三浦春馬と激しいアクションシーンも | RBB TODAY

磯村勇斗、冷酷な殺し屋役に!三浦春馬と激しいアクションシーンも

三浦春馬主演の7月期新火9ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)に、磯村勇斗の出演が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
『TWO WEEKS』 (C)MBC
  • 『TWO WEEKS』 (C)MBC
  • 『TWO WEEKS』 (C)MBC
 三浦春馬主演の7月期新火9ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)に、磯村勇斗の出演が決まった。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする>/br>
 同ドラマは、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦春馬)が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。三浦春馬に加えて、結城を追う新米検事・月島楓役として芳根京子、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役として三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳の出演が決まっている。

 そんな同ドラマで磯村が演じるのは、逃亡中の結城が遭遇する冷酷な殺し屋・灰谷。闇をまとった不気味な雰囲気と殺気を帯びた目が印象的だが、誰からの指示で動いているか、そして結城にとって敵か味方かも不明の謎の男だ。灰谷の登場は第2話(7月23日放送)からだが、結城の逃亡劇に大きな影響を与える重要なキーパーソンとなる。三浦春馬とは激しいアクションシーンも予定されており、逃亡犯・結城と殺し屋・灰谷がどう関わり合いながら物語が進行していくかにも注目だ。

 同ドラマへの出演について磯村は、「灰谷はある事情を抱えた闇深い謎の男。口数が少なく表情で伝えるシーンが多いので、目の芝居が必要になるかと。見え方は謎の男ですが、演じる側としてはしっかりバックボーンを持って臨みたいと思います」と意気込み。「2週間という限られた中でのスリリングな逃亡劇。僕自身もハラハラしています。でもそこには、人との出会いがあり、愛や希望が詰まった力強い作品になっていると思います。ぜひ放送まで楽しみにしていただきたいです」と視聴者に呼びかけている。

 ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)は、7月16日よる9時からスタート。
《KT》

関連ニュース

page top