三吉彩花、踊りまくってテーブルクロス引き、"狙いうち!"ポーズも | RBB TODAY

三吉彩花、踊りまくってテーブルクロス引き、"狙いうち!"ポーズも

8月16日公開の映画『ダンスウィズミー』より、主演の三吉彩花が高級レストランで縦横無尽に踊り狂う姿などを収めた長尺本編映像が解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会
  • (C)2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会
 8月16日公開の映画『ダンスウィズミー』より、主演の三吉彩花が高級レストランで縦横無尽に踊り狂う姿などを収めた長尺本編映像が解禁された。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする>/br>
 同作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作。「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマにしたこれまでにない全く新しいミュージカルで、主人公・静香(三吉)は音楽を聞くと勝手にカラダがミュージカルしてしまう状況に陥ってしまい・・・?

 公開された長編クリップでは、三吉彩じるミュージカルニガテ女子のヒロイン・静香が、三浦貴大演じる憧れのイケメンエリートな先輩・村上にディナーデートに誘われるところからスタート。心躍らせながら行った先は、素敵な生演奏が聞けるオシャレなレストランだったが、踊りたくない思いとは裏腹に、ドラムの軽快なビートに足が、カラダが、リズムを刻まずにはいられない。そして気がつくと「ウララ~ウララ~」とテーブルとテーブルの間をノリノリで歌い踊り抜け、「この世は私のためにある!」の歌詞と共にジャケットを脱ぎ捨てキメポーズ。最後には、レストランスタッフまで巻き込み、テンポアップし加速度を増すダンスを披露する。

 さらに静香の暴走は激化し、テーブルクロス引きを3回連続で成功させたかと思えば、バーカウンターに移動し、スポットライトの下、オシャレなカクテルをセクシーな表情で煽って飲み干すと、すぐさま「逃がさない~」と歌い走り出し壁を蹴って1回転。そのハチャメチャぶりに客が驚いていると、こちらに向かって指をさし「狙いうち!」ポーズを決める。

 その後も勢いを増す静香は、シャンデリアに飛び移り、まるで空中ブランコのようにぶら下がり・・・と、やりたい放題。必死に止めようとするスタッフや食事をする客の姿など目に入るわけもなく、お構いなしに踊り狂う。

 矢口監督が「狙いうちのシーンが一番大変だった」と語るほど、このミュージカルシーンには様々な仕掛けが満載。この1曲のシーンを撮影するのに費やした時間は、なんと4日間で、三吉に至っては、撮影前までに、ポールダンス、テーブルクロス引き、アクロバットなど様々な動きのレッスンを受け、相当な時間、練習を重ねていたという。

 そして、矢口監督から「抜群のセンス、特技と言える」と絶賛されたのは、まさかのテーブルクロス引き。撮影の日、三吉は誰もが驚くほどの集中力を見せ、3回連続のテーブルクロス引きを1発で成功させたそうだ。三吉の美貌と、身体能力の高さが存分にわかるシーンに注目の映画『ダンスウィズミー』は、8月16日全国公開。

《KT》

関連ニュース

page top