7月スタート日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に松たか子、中村芝翫、上川隆也の出演が決定 | RBB TODAY

7月スタート日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に松たか子、中村芝翫、上川隆也の出演が決定

7月スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に、中村芝翫、松たか子、上川隆也の出演が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 7月スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に、中村芝翫、松たか子、上川隆也の出演が決まった。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 同ドラマの原作は、池井戸潤の同名小説で、6月13日にダイヤモンド社から刊行される書き下ろしの新作。主演を務める大泉洋が演じるのは、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた君嶋。出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。

 このほど、大泉洋演じる主人公・君嶋隼人を取り巻く3人の共演者が決定。君嶋の最大の理解者にして夫を尻に敷く妻・真希を演じるのは、松たか子。君嶋が工場に飛ばされる原因となった企業買収先であるカザマ商事の三代目社長・風間有也は、中村芝翫。 カザマ商事買収を巡って対立した君嶋を本社から府工場に飛ばし、その後もことあるごとに君嶋の前に立ちはだかる天敵、トキワ自動車常務取締役営業本部長・滝川桂一郎は上川隆也が務める。

 松は、同ドラマ出演決定について「池井戸作品に参加するのは初めてです。今回声をかけていただきとてもうれしく思っています」と喜びをコメント。自身の役柄については、「君嶋隼人の妻として、日々闘う夫や息子たちをとにかく応援していきたいです。真希の言動で旦那さんが一歩踏み出せたりするような、無意識でも補い合えるチームワークを夫婦間・家族間で作れたらいいなと思っています。夫にも息子たちにもフェアに接していきたいです(笑)」と意気込んだ。

 中村は、「わたしが演じる風間という男は創業者の孫で三代目社長。50歳を超えたこの風間という男が今も引きずっている親の七光りを一つ消し二つ消し、その中でも生きる人間としてのプロセスを描いていけたらいいなぁと。そういう人でも魅力があるというところを見せたい。人間生きていれば山あり谷ありですから、わたしが生きてきた経験からそういうところを見せたいです」と役柄の演じ方について意気込んでいるほか、上川は、「滝川を演じるにあたり、小細工せずにいけたらと思います。企みながら企まないというようなアプローチで臨みたいと考えています」とコメントを寄せた。

 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)は、7月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top