映画『ペット2』日本語版声優に内藤剛志・伊藤沙莉!日本版本ポスター&本予告も解禁 | RBB TODAY

映画『ペット2』日本語版声優に内藤剛志・伊藤沙莉!日本版本ポスター&本予告も解禁

2016年公開の映画『ペット』の新作となる『ペット2』が7月26日から全国公開となる。このほど、ペットたちの仲間に加わる新キャラクターの吹き替えキャストに、俳優・内藤剛志と、女優・伊藤沙莉が決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)Universal Studios.
  • (C)Universal Studios.
  • (C)Universal Studios.
  • (C)Universal Studios.
  • (C)Universal Studios.
 2016年公開の映画『ペット』の新作となる『ペット2』が7月26日から全国公開となる。このほど、ペットたちの仲間に加わる新キャラクターの吹き替えキャストに、俳優・内藤剛志と、女優・伊藤沙莉が決定した。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描いた同作は、個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、全米公開時に、オリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション作品史上No.1全米興収を記録した。

 すでに、主人公マックス役に設楽統(バナナマン)、相棒デューク役に日村勇紀(バナナマン)、さらに2匹の飼い主ケイティ役に佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役に永作博美、マックスに想いを寄せるポメラニアンのギジェット役に沢城みゆき、悪役からまさかのヒーローへと転身したうさぎのスノーボール役に中尾隆聖、豆粒サイズの脳みそを持つ陽気なモルモット・ノーマン役に梶裕貴ら、日本語吹き替え声優陣による続投決定が発表されているほか、ペットたちの前に立ちはだかる悪徳サーカス団長セルゲイという新キャラクターを宮野真守が決まっている。

 新たに出演が決まった内藤は同作でイルミネーション作品に初参加。また伊藤は声優初挑戦。内藤が演じるのは、ケイティ一家が訪れる牧場で農場犬のリーダーで、のちにマックスの成長のカギを握るルースター。元気でパワフルなお馴染みのペットたちとは一味違った堂々と威厳のあるキャラクターだ。一方、伊藤が演じるのは、悪徳サーカス団のセルゲイが狙うホワイトタイガーを救うべく、正義のヒーローに転じたキャプテン・スノーボールに助けを求めるキュートなシーズーのデイジー。見た目のカワイさだけでなく、内面に正義感とたくましさが詰まった魅力的なキャラクター。

 内藤は、自身が演じたルースターというキャラクターについて、「男らしく、無口で、力も強く、優しく、自分のルールを持って生きている。そして少しセンチメンタル。最高にかっこいいキャラクターです。かなり照れましたが、その気になって楽しくやらせていただきました」とコメント。伊藤は、「声のお仕事をするのが夢の1つで、それが叶うだけでなくお客さんとして観ていた大好きな作品で実現したんだ、と本当に幸せでした」と初の声優挑戦についてコメント。一番印象に残っているシーンについては、「ネタバレしていいのかわからないのでネコ好きなお婆さんが、、ということだけ言っておきます。笑」などと語った。

 さらに、このほど、日本オリジナルの本ポスターと、内藤、伊藤を含む、日本語吹き替えキャスト陣の声が一堂に揃った本予告も合わせて解禁。飼い主ケイティのもとにリアムという名の新たな家族が誕生し、穏やかな生活に異変が起きるマックス。リフレッシュのために旅行へ出た田舎町では、ニューヨークの街並みと異なる世界が広がり動揺を覚えるマックスだが、農場犬のリーダーのルースターに出会うことによって、ある一歩を踏み出すことに。一方、ヒーローへと姿を変えたキャプテン・スノーボールは、デイジーとともにホワイトタイガーを救う極秘のミッションを遂行、猫と化したギジェットは本物のネコ軍団を引き連れ、凛々しい表情へどこかへ向かおうとしていたりと、前作のユルくて陽気な大騒動から、何かに挑戦するために立ち上がるペットたちの姿が描かれている。

 映画『ペット2』は、7月26日から全国公開。

《KT》

関連ニュース

特集

page top