磯村勇斗、若き科学者役で『インハンド』に登場 | RBB TODAY

磯村勇斗、若き科学者役で『インハンド』に登場

山下智久ドラマ『インハンド』で、6月7日放送の第9話より、磯村勇斗の出演が決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
 山下智久ドラマ『インハンド』で、6月7日放送の第9話より、磯村勇斗の出演が決定した。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 同ドラマは、山下演じる右手が義手の天才科学者・紐倉哲と濱田岳演じるお人好しの助手・高家春馬、菜々緒演じる美人官僚・牧野巴の凸凹トリオが、科学が巻き起こす様々な事件を爽快に解決していくヒューマンサイエンス ミステリー。

 出演が決まった磯村は、時任三郎演じる福山和成の息子・新太に決定。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年)で注目を浴び、話題作への出演が続く磯村だが、TBSの連続ドラマへの出演は今回が初となる。磯村が同ドラマで演じる新太は、アメリカ帰りの若き科学者という役どころ。「今の時代に合った科学の在り方を模索したい」という志を持って、アメリカで出会った研究者仲間・柏木(夕輝壽太)らと共に父・福山がCEOを務める「フューチャージーン」で研究に勤しんでいる。ある日、新太はひょんなことから紐倉と遭遇するが・・・。

 福山が秘密裏に進めている"ある計画"に、新太は関わっているのか?6月21日放送の最終回に向けたキーパーソンとなる重要な役どころだ。磯村は、同ドラマへの出演について、「『インハンド』は視聴者として楽しく拝見していたので、出演が決まりとてもうれしいです。僕が演じる新太は、時任さん演じる父が作ってきた科学の道を受け継いでいきたいという強い意思を持った科学者。アメリカで研究していただけあって、若いけど自信もあるし、力もある。科学の未来のために突き進む新太のエネルギーをまっすぐに表現していくことで、最終回に向けたスパイスになれたらうれしいです」と意気込み。

 さらに、「父親役の時任さんとは、顔が少し似ていると勝手に思っているので(笑)、いい親子感が出せるのではないかと思っています。偉大な“父”に、演技の面でもしっかりついていきたいです。山下さんとは初共演ですが、今回一緒にお芝居をさせていただけて光栄です。惹きつけられるオーラがあって本当かっこいいです」と共演者について語っている。

 ドラマ『インハンド』は、毎週金曜よる10時から放送中。磯村は、7日放送の第9話より出演。
《KT》

関連ニュース

page top