前田敦子、ウズベキスタン観光大使に就任! | RBB TODAY

前田敦子、ウズベキスタン観光大使に就任!

前田敦子主演で、日本とウズベキスタン共和国の初の合作映画『旅のおわり世界のはじまり』が6月14日に公開となる。このほど、前田がウズベキスタンからの正式なオファーを受け、観光大使への就任に就任。23日に観光大使就任イベントが実施された。

エンタメ 映画・ドラマ
前田敦子、ウズベキスタン観光大使に就任!
  • 前田敦子、ウズベキスタン観光大使に就任!
  • (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
  • (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
  • (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
  • (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
  • (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
 前田敦子主演で、日本とウズベキスタン共和国の初の合作映画『旅のおわり世界のはじまり』が6月14日に公開となる。このほど、前田がウズベキスタンからの正式なオファーを受け、観光大使への就任に就任。23日に観光大使就任イベントが実施された。


 観光大使に任命された前田は「青の都」と呼ばれるウズベキスタンの世界遺産の都市サマルカンドの”サマルカンド・ブルー”を意識したロングドレスで登場。「ウズベキスタン観光大使に任命いただき、すごく嬉しいです」と喜びを表した前田に、同イベントへ足を運ぶことができなかったウズベキスタン副首相のアジズ・アブドハキーモフ氏からビデオメッセージが到着。前田の観光大使就任に対する御礼の挨拶とともに「前田さんがご結婚、そして無事にご出産されたことを心からお祝い申し上げます。喜ばしいお知らせを聞いて私もとても嬉しい気持ちになりました」とお祝いの言葉が述べられ、前田は笑顔で「ありがとうございます」と御礼。撮影時にウズベキスタン訪れた際に面会したアブドハキーモフ副首相から頂いたウズベキスタン製のノートに、「撮影が終わってから、そのノートに日記を書いています。帰国後に妊娠、出産とあったので、そういった日々のことを書いています」と明かした。

 前田に観光大使を依頼した理由についてウズベキスタン駐日大使ガイラト・ファジーロフ氏は「依頼した理由はたくさんありますが、前田敦子さんは日本国内だけでなくウズベキスタンでも非常に有名です」と述べ、以前ファジーロフ氏がウズベキスタンにある大学の学生と話をした際、彼らが日本のポップミュージックや俳優が好きだと言っていた時に前田の名前挙がったことが印象的だったというエピソードを披露。前田の世界的な人気について語り、「前田さんは映画のためにウズベキスタンに訪問していただき、この国のことをとても好きになっていただいたとお聞きしています。また、前田さんを通して日本とウズベキスタン双方に興味を持つ人が出てくると考え、前田さん以外に観光大使にふさわしい人はいないと思っています」とあらためてウズベキスタン観光大使への起用理由を話した。

 同作の撮影で約1ヵ月ウズベキスタンに滞在していた前田は実際に滞在してみてどうだったかと聞かれると「楽しかったんです……!」と満面の笑み。現地の人々の温かさに触れたことや、オフの日に女性スタッフと買い物に出かけたことなど、ウズベキスタンの魅力を語った。

 前田は「ウズベキスタンに行った時に、こんなに素敵な場所があったんだと思いました。ウズベキスタンの人々も、日本にすごく興味を持ってくれていることが現地に行ってわかったのが嬉しかったです。現地で参加してくれたスタッフさんは日本語を話せる人が多くて、質問もたくさんしてくれたから私たちも質問ができて、すごく素敵な交流ができました。映画を通してウズベキスタン観光大使という素敵な役目をいただいたので、ますますウズベキスタンの良さを日本のみなさんに伝えていけるように頑張っていきたいと思います。映画を観ていただければ、ウズベキスタンが素敵な場所だということが必ず伝わると思うので、一緒に旅行をしている気分で見ていただければと思います」と締めくくり、就任イベントは幕を閉じた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top