米倉涼子、“視聴率女王”の称号は「荷が重い」 | RBB TODAY

米倉涼子、“視聴率女王”の称号は「荷が重い」

米倉涼子が、22日放送の『1番だけが知っているSP』(TBS系)に出演。視聴率を取る重圧について語る一幕があった。

エンタメ その他
米倉涼子【撮影;竹内みちまろ】
  • 米倉涼子【撮影;竹内みちまろ】
 米倉涼子が、22日放送の『1番だけが知っているSP』(TBS系)に出演。視聴率を取る重圧について語る一幕があった。


 1999年から女優として活動している米倉。近年では主演作『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が大ヒット。毎シリーズ高視聴率を記録している。

 ここでディレクターが、「視聴率女王とかって……」と切り出し、「ご自身ではどうなんですか? そういうふうに言われて」と質問すると、「う~ん…荷が重いというか」とポツリ。

 一方で「自分がイヤだって言ったって、どうにもならない」とし、そう言われることについて「最初はホントに抵抗がありました」と回顧した。

 さらに「プレッシャーはいつも同じように感じてます。『ドクターX』やるときは、(視聴率を)絶対取らなきゃいけないの?みたいな」とも述べ、「ほかの番組やっても、もうちょっと低い視聴率だったりすると『残念』みたいな、とか。(視聴率に)遊ばれてるなぁというのはありますね」と話した。

 「SNSを結構見ちゃう」と意外な素顔も告白。「芝居が上手いわけじゃないよね」「劣化したね」といった中傷する言葉に傷ついたこともあったそう。また『ドクターX』の大門未知子が当たり役であることから、「それしか出来ないよね」とも書かれると言いながら、「そういうのも慣れました」と笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top