杏が4年ぶりの連ドラ!7月期『偽装不倫』で主演 | RBB TODAY

杏が4年ぶりの連ドラ!7月期『偽装不倫』で主演

東村アキコのコミックス『偽装不倫』(文藝春秋)が、杏主演でドラマ化されることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
東村アキコ『偽装不倫』(文藝春秋)
  • 東村アキコ『偽装不倫』(文藝春秋)
 東村アキコのコミックス『偽装不倫』(文藝春秋)が、杏主演でドラマ化されることが決まった。


 同作は、 真面目で不器用、恋愛らしい恋愛をほとんどしてこなかった女性が、「嘘」をついたことで始まった、ハラハラドキドキのラブストーリー。杏が演じる主人公、濱鐘子は、アラサー、独身、実家暮らしの派遣社員。不毛な婚活に疲れ、日に日に女としての自信をなくしていく中で出会った素敵な年下イケメンに、とっさの嘘で自分は既婚者だと偽ってしまう。ところが彼は、「僕と不倫しましょう」と言ってきて・・・。杏は、今回が2015年7月期の『花咲舞が黙ってない』以来、ちょうど4年ぶりの連続ドラマ出演となる。

 杏は同作主演について、「連続ドラマ出演は4年ぶりということで、色々と迷う部分もありましたが、その中で大好きな東村アキコ先生原作の『偽装不倫』を出してもらい、これを全力でやってみたいという思いがふつふつと湧いてきました」と意気込み。「不倫モノは、私はなかなか共感できないのですが、この話は、実は不倫ではありません。タイトルにはドキっとさせられますが、フタを開けてみると、主人公を応援したくなる、もどかしいラブストーリーだったりします。主人公とミステリアスな青年が出会い、この先、どうなるんだろうと、毎話待ちきれない、今までになかった作品になると思います」と作品について語った。

 また、原作者の東村は、「主人公の鐘子役を私の大好きな杏ちゃんがやってくれると聞いてびっくりしました。鐘子のイメージにぴったりです!ドラマを楽しみにしつつ、さらに連載も頑張ります!」と語っている。

 ドラマ『偽装不倫』は、日本テレビ系で2019年7月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top