今泉佑唯が映画初出演……『酔うと化け物になる父がつらい』 | RBB TODAY

今泉佑唯が映画初出演……『酔うと化け物になる父がつらい』

松本穂香と渋川清彦がダブル主演を務める映画『酔うと化け物になる父がつらい』で、今泉佑唯が映画初出演を果たすことが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
  • (C)「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
 松本穂香と渋川清彦がダブル主演を務める映画『酔うと化け物になる父がつらい』で、今泉佑唯が映画初出演を果たすことが分かった。


 同作は、秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載された菊池真理子の同名小説が原作。アルコールに溺れる父を持つ著者の実体験によるコミックエッセイだ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく。

 すでに、松本穂香・渋川清彦のダブル主演に加えて、母親役にともさかりえの出演が決まっているが、今泉は松本演じる主人公田所サキの妹・田所フミ役に決定。なお、今泉にとってはこれが映画初出演となる。今泉演じる田所フミは、酔うと化け物になる父、新興宗教の母という両親のもとで育ち、壊れゆく“家”の中でも笑顔を絶やさず、家族を明るく照らし続ける役柄だ。

 そんな今泉だが、初めて映画撮影を乗り越え、「ほっとしている」と心境を告白。現場では、姉役の松本にアドバイスをもらっていたと明かし、「本当のお姉ちゃんのような存在」だったという。最後に映画を鑑賞する人に向けては、「お酒が好きな人、そうでない人。人それぞれですがこの映画を観てきっと共感できる部分がたくさんあると思います。ぜひ、観ていただけると嬉しいです」と呼びかけている。
《KT》

関連ニュース

page top