『大奥 最終章』に4人のフジ女性アナ出演決定 | RBB TODAY

『大奥 最終章』に4人のフジ女性アナ出演決定

フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』が、3月25日よる8時から放送される。このほど、同ドラマに4人のフジテレビ女性アナウンサーの出演が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』が、3月25日よる8時から放送される。このほど、同ドラマに4人のフジテレビ女性アナウンサーの出演が決まった。


 『大奥』は、これまで『大奥』(菅野美穂主演・連続ドラマ/2003年)を皮切りに、3本の連続ドラマ、6本の単発ドラマ、1本の映画を生み出し、舞台化では東京・明治座を皮切りに全国公演を成功させた人気シリーズ作。今回の『大奥 最終章』は、そのタイトルが表す通り、『大奥』シリーズの完結作となる。主演は木村文乃、大沢たかおが吉宗を演じる。

 そんな同ドラマに、このほど、宮澤智、三上真奈、新美有加、久慈暁子の4人のフジテレビアナウンサーが『大奥 最終章』に出演することが決定。宮澤、三上、新美、久慈の4人が演じるのは、御鈴廊下(おすずろうか/将軍が大奥に向かう際に通る廊下)や、御座の間での総触れ(将軍への謁見)で将軍・吉宗(大沢たかお)を迎える女中。幕府財政のために質素倹約に励んだ吉宗の人柄を示す重要なシーンに出演した宮澤、三上、新美、久慈の4人は、吉宗からクビを言い渡されるのか、それとも大奥に残ることになるのか?

 撮影の感想について宮澤は、「3時間くらいの撮影でしたが、ピリッとした空気感で気を抜くヒマもありませんでした。まるで本物のような豪華なセットの中、監督から“スタート”の声がかかった時の緊張感はただならぬものがありました」とコメント。新美は、「ドラマに興味があるので、撮影現場のいろいろなところに目がいってしまいました(笑)。同じシーンを何度も繰り返しいろいろな角度から撮影していて、ドラマ作りは本当に緻密な作業だと感じました」と感想を語った。

 さらに、注目してほしいポイントについて、三上アナと久慈アナはそれぞれ、「不慣れな私たちですが、御鈴廊下のどこかに紛れ込んでいますので、見つけてクスッとして頂けたら(笑)」(三上アナ)、「本当にたくさんの女性が出演していますので、どこにいるのかを見つけて頂けたらうれしいです(笑)」(久慈アナ)とコメントを寄せている。

 『大奥 最終章』(フジテレビ系)は、3月25日よる8時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top