テレ東55周年ドラマ『二つの祖国』にモーリー・ロバートソン、セイン・カミュらの出演決定 | RBB TODAY

テレ東55周年ドラマ『二つの祖国』にモーリー・ロバートソン、セイン・カミュらの出演決定

テレビ東京で3月23日、24日の2夜連続で放送されるテレビ東京開局55周年特別企画『二つの祖国』。このほど、ちょっと意外な“国際派”キャストの出演が発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
 テレビ東京で3月23日、24日の2夜連続で放送されるテレビ東京開局55周年特別企画『二つの祖国』。このほど、ちょっと意外な“国際派”キャストの出演が発表された。


 同ドラマの舞台は、1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本。歴史に翻弄されながらも、激動の時代を生き抜いた若者たちの、愛と奇跡の物語が豪華キャストで描かれる。すでに主演を小栗旬が務めるほか、ライバル役にムロツヨシ、さらには仲里依紗 、高良健吾、新田真剣佑らの出演も発表されている。

 このほど出演が発表されたのは、モーリー・ロバートソン、セイン・カミュ、厚切りジェイソンなど人気外国人タレントの面々。まずは、東京裁判法廷ウェッブ裁判長に、モーリー・ロバートソン。連合軍通訳部のムーラー中佐役に、セイン・カミュ。アリゾナ・軍キャンプ査問官ホプキンズ役に厚切りジェイソン。マンザナール収容所に強制収容された二世マイケル坂田役にハリー杉山。日本語学校「キャンプ・サベージ」クラーク校長役にチャック・ウィルソン。GHQ情報部の将校役にケント・ギルバート。ロサンゼルス群立病院の医師ピーターソン役にダニエル・カール。インフォメーション・セクションのカミング所長役にドラマ初出演のデーヴ・フロム。FBI捜査官ケヴィン役にジョージ・ウィリアムズ。極東国際軍事法廷のマイクチェックをするアメリカ人技術者役は、筋肉体操で話題の紅白出演庭師で、今回演技初披露の村雨辰剛が務める。

 このほか、“ラストエンペラー” 愛新覚羅溥儀役をフィギュアスケーターとしてだけでなくバラエティー番組などでもその個性的なキャラクターで人気が織田信成が務めることが決まった。

 豪華なキャスティングに加え、個性的な人気外国人タレントの出演も明らかになったドラマ『二つの祖国』は、テレビ東京で3月23日、24日の2夜連続放送(いずれもよる9時~)。
《KT》

関連ニュース

page top