ぱるる、AKB時代の塩対応は「そうしないと生きていけなかった」 | RBB TODAY

ぱるる、AKB時代の塩対応は「そうしないと生きていけなかった」

元AKB48島崎遥香が、17日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に初出演。グループ在籍時の「塩対応」について衝撃的な事実を明かす一幕があった。

エンタメ その他
AKB48島崎遥香【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48島崎遥香【写真:竹内みちまろ】
 元AKB48島崎遥香が、17日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に初出演。グループ在籍時の「塩対応」について衝撃的な事実を明かす一幕があった。


 フットボールアワー後藤輝基から、「塩対応のイメージですけど、AKBを卒業してだいぶ肩の荷が下りた?」と聞かれると、「そうですね、だいぶ」と笑顔で返事した島崎。東野幸治から「ハキハキしてて、(逆に)ぱるるらしくないよ」と指摘されると、「今日は何か爪痕を残したいと思って来ました」と、やる気をみなぎらせた。

 まさかの答えに後藤も驚きながら、「バラエティにはどんどん出たい感じなの?」と探りを入れると、島崎は「出たいです! バラエティ大好きです! でも喋れないんです」と悩みを明かして笑いを誘った。

 彼女の意外な明るさに、後藤が「今までの塩対応は本心ではなかったの?」と尋ねると、島崎は「そうしないと生きていけなかった」と、層が厚いグループで生き残るためのキャラづけだったことを明言。後藤は笑いをこらえながら膝から崩れ落ち、同じくこの日のゲストであるIKKOからも「ぱるる面白い!」と言われていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top