映画『ボヘミアン・ラプソディ』、2018年公開洋画興行収入ランキング第二位に! | RBB TODAY

映画『ボヘミアン・ラプソディ』、2018年公開洋画興行収入ランキング第二位に!

伝説のバンド「クイーン」の生きざまを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開6週目週末(12月15日、16日)を迎え、興行収入53憶円を突破。『グレイテスト・ショーマン』を超える2018年公開洋画興行収入ランキングNo.2となる快進撃を続けていることが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018 Twentieth Century Fox
  • (C)2018 Twentieth Century Fox
  • (C)2018 Twentieth Century Fox
 伝説のバンド「クイーン」の生きざまを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開6週目週末(12月15日、16日)を迎え、興行収入53憶円を突破。『グレイテスト・ショーマン』を超える2018年公開洋画興行収入ランキングNo.2となる快進撃を続けていることが分かった。


 公開6週目の週末となる12月15日、16日は518スクリーンで動員298,089人、興行収入4億3,153万円(前週対比85%)を記録。週末までの累計動員は3,900,882人、累計興行収入53億6,288万円を達成した。これは、今年2月に公開され、興行収入52億円1,233万円を記録した『グレイテスト・ショーマン』を抜き、『ジュラシック・ワールド2 炎の王国』(81億円)に次ぐ、2018年公開洋画興行収入ランキング第2位の記録。最終興行収入は80億円以上が予想されており、最終的には、2018年公開洋画作品の第1位が射程圏内になってきた。

 さらに、音楽/ミュージカル映画としては『美女と野獣』(124億円)、『レ・ミゼラブル』(59億円)に次ぐ歴代3位に。現在、59ヶ国で公開されており、全米の累計興行収入は1億8,042万ドル(約204億円)、全世界累計興行収入は6億3,593万ドル(約722億円)となり、先週より1ランクアップして2018年全世界興行収入トップ8にランクインも果たしている。

 今回の結果を受けて、ブライアン・メイは自身のインスタで、『ボヘミアン・ラプソディ』日本特製の法被を着用して、日本のファンに向けて感謝を述べている。記録は一体、どこまで伸びるのか?続報にも期待だ。


《KT》

関連ニュース

page top