加藤浩次、勝谷誠彦さん死去に沈痛「57歳は若いよ」 | RBB TODAY

加藤浩次、勝谷誠彦さん死去に沈痛「57歳は若いよ」

コラムニストで『スッキリ』(日本テレビ系)のコメンテーターも務めていた勝谷誠彦さんが死去したことを受けて、28日放送の同番組の司会・加藤浩次がコメントした。

エンタメ その他
加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
  • 加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
 コラムニストで『スッキリ』(日本テレビ系)のコメンテーターも務めていた勝谷誠彦さんが死去したことを受けて、28日放送の同番組の司会・加藤浩次がコメントした。

 勝谷さんは2006年の番組開始当初から2015年までコメンテーターを務め、その歯に衣着せぬ発言でたびたび世間の関心を集めていた。今年8月、「アルコール性の劇症肝炎」と診断されて治療を続けていたが、28日未明に死去。57歳だった。

 訃報に際し、加藤は「57歳は若いよって本当に思ってしまう」と絞り出し、また出演時の勝谷さんについて「何も忖度せず、自分が思ったことをはっきり言っていた」「どんなバッシングを浴びても、テリーさん(テリー伊藤)と口論となったりすることがあっても自分の意見をしっかり言っていた」と回顧。

 また加藤は2人きりで食事に行った際、勝谷さんが「加藤くん何飲みたい?」「この日本酒美味しいから飲んでみな」など、普段は見せない優しい一面も覗かせていたと言及。その時、加藤は「勝谷さんが言っていることは間違ってないから、もうちょっと興奮しないで、もうちょっと分かりやすく言ってもらえませんか?」と懇願したという。勝谷さんもその場では「分かった」と言ったものの、翌週からまた興奮して喋っていたと明かし、「コメンテーターとして僕はずっといて欲しかった」と悔しさをにじませていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top