浅野忠信、元付き人・加瀬亮に嫉妬「こんなに有名にならなくても」 | RBB TODAY

浅野忠信、元付き人・加瀬亮に嫉妬「こんなに有名にならなくても」

浅野忠信が、27日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。かつての付き人だった加瀬亮に嫉妬した過去を明かした。

エンタメ その他
浅野忠信【編集部】
  • 浅野忠信【編集部】
 浅野忠信が、27日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。かつての付き人だった加瀬亮に嫉妬した過去を明かした。


 加瀬と言えば周防正行監督の『それでもボクはやってない』、山田洋次監督『おとうと』、北野武監督の『アウトレイジ』とスクリーンを中心に活動。テレビでも『SPEC』(TBS系)などで知られるが、下積み時代は浅野の付き人をしていたという。

 浅野は「加瀬くん」と懐かしそうに名前を挙げながら当時を回顧。「若いときはそばで面倒見てもらってたんで、ありがたいですね」と支えてもらっていたことを感謝。

 そんな元付き人の現在の活躍について笑福亭鶴瓶が「うれしいでしょ?」と尋ねると、浅野は「いやー、悔しかったですよ、最初」と即答。続けて「こんなに有名にならなくてもいいじゃん」とその頃抱いていた本心を吐露。「俺より有名にならなくてもいいじゃん」と繰り返した。

 ただ浅野は彼に対し「本当に頼りになりますし、むしろ僕のことが教わるほうが多かった」と語り、「加瀬くんは物凄く気が利きました」と称賛していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top