ベッキーが麻雀クラブのママに!映画『麻雀放浪記2020』キャスト公開 | RBB TODAY

ベッキーが麻雀クラブのママに!映画『麻雀放浪記2020』キャスト公開

斎藤工主演で2019年4月5日に公開となる映画『麻雀放浪記2020』。このたび、新たなキャストが解禁となった。

エンタメ 映画・ドラマ
ベッキーが麻雀クラブのママに!映画『麻雀放浪記2020』キャスト公開
  • ベッキーが麻雀クラブのママに!映画『麻雀放浪記2020』キャスト公開
 斎藤工主演で2019年4月5日に公開となる映画『麻雀放浪記2020』。このたび、新たなキャストが解禁となった。


 同作は阿佐田哲也氏の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』が原作。35年ぶりの映画でメガホンを取るのは白石和彌。東京オリンピックが中止になった未来を舞台に、主人公・坊や哲(斎藤)が思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”に挑む姿が描かれる。

 主人公・坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子を演じるのは姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のボーカルももが務める。原作では強運の持ち主の娼婦だったドテ子を、同作では地下アイドルとして現代風にアレンジ。堂々とした立ち振る舞いで、キュートに、大胆に演じる。また、その地下アイドルたちを抱える芸能プロダクションの社長で、ドテ子の部屋に転がり混むクソ丸を竹中直人が演じ、坊や哲がいた元の時代で哲に麻雀を教えたアパートの大家であり、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママでもあるゆき役にはベッキーが抜てき。初めての麻雀にも関わらず見事な牌さばきを披露する。

 「これだけ大きな映画出演のお話をいただいたのは初めて」と語るのはドテ子役の「チャラン・ポ・ランタン」もも。「とにかく参加する以上は自分が足を引っ張る訳にはいかない、どんなにしばかれてもしがみついて乗り越えてみせる!と撮影初日から気合いをいれて撮影に臨みました」と熱い思いを明かし、「ぶっ飛んだ設定とキャラクターに最初は少し驚きましたが、演じた“ドテ子”というキャラクターに親近感や共感を覚えながら、次第に白石監督のリクエストに応えることにものすごくやり甲斐を感じられるようになって、緊張はいつの間にか消えていました」と語った。

 ゆき役を演じたベッキーは「今回、『麻雀放浪記 2020』のお話を頂いた時、すごく嬉しかったです。しかしオリジナル作品を観れば観るほど、役を頂いたことの責任の大きさを感じました」とオファー時の喜びと不安を明かし、「私が演じたクラブオックスのママは、背伸びしても、いや、脚立に登っても追いつかないくらい色気のある、オトナな女性。試行錯誤しながら、演じさせていただきました」とコメント・さらに共演の斎藤については「“映画を心から愛している方”という印象があったので、今回映画でご一緒できて本当にうれしかったです。私が麻雀の技を披露するシーンの撮影で何度失敗しても、優しくしてくださいました。優しい方です」と語った。

 クソ丸役の竹中は「まだまだやり足りない感じです。もっともっとクソになりたかったな……と思っています。共演のたくみ(斎藤工)くん、ももちゃんをもっと地獄に突き落としたかったです。でもね……いっしょうけんめいやりました」と名残惜しそう。斎藤との共演については「たくみくんの見せるあの柔らかな表情とチャーミングなお芝居にしびれながらも、たくみよ!地獄に堕ちろ!と強く念じながら現場を過ごす事が出来たのはまさにたくみくんの存在があったからこそ」とコメント。初めての白石監督の作品だったという竹中は「白石監督の眼差しはとてもシャープで揺るぎない。かっこいい監督でした。 無駄のない演出エネルギーに満ち溢れた監督ですね。どんどん巨匠になってしまうのかな...やんなっちゃうな……。いつも監督に嫌われないようにといっしょうけんめいやりました。ぼくのクソ芝居にフッと笑ってくれている監督の表情にホッとしたりしていました。また是非次回作も呼んでくれたら良いな……って思っています」と語った。

 映画『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日公開だ。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top