映画『空母いぶき』に高嶋政宏、佐藤浩市、玉木宏ら豪華キャスト | RBB TODAY

映画『空母いぶき』に高嶋政宏、佐藤浩市、玉木宏ら豪華キャスト

2019年全国公開の映画『空母いぶき』の第二弾キャストが発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
  • (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
  • (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
  • (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
  • (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
 2019年全国公開の映画『空母いぶき』の第二弾キャストが発表された。


 同作は、「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計350万部突破のベストセラーコミックを、西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)の共演で映画化。国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、国の舵取りを託された者、過酷な戦闘下で防衛の任に当たる者、彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。手にした力はどのように使うべきなのかが描かれる。

 今回発表された第二弾キャストは、この国の平和を維持するために、己の持てる能力を全て注ぎ込んで危機的状況に立ち向かう男たち。潜水艦「はやしお」の艦長:滝隆信を演じた高嶋政宏(※「高」はハシゴダカ)は、「かねてより、かわぐち先生の描く空母いぶきの世界には漫画であって単なる漫画ではない現実感を抱いていましたが、自分がその中へ入り、役とは言え体験した今、例えようのない危機感、恐怖感に冷たい汗が滴りました」と出演決定についてコメント。

 護衛艦「はつゆき」の艦長、瀬戸斉昭を演じた玉木は「近い将来に、日本が抱えるかもしれない社会問題を提起した、現実味のあるストーリーに魅力を感じています」と語っているほか、アルバトロス隊の隊長、迫水洋平を演じた市原は、「日本人であり日本で活動する俳優としてこの作品に出逢えた事を、心より誇りに思います」と、作品への熱い想いを語っている。

 このほか、佐藤浩市(内閣総理大臣:垂水慶一郎)、戸次重幸(第92飛行群群司令:淵上晋役)、山内圭哉(護衛艦「いそかぜ」艦長:浮船武彦役)、和田正人(護衛艦「いそかぜ」砲雷長:岡部隼也役)、平埜生成(アルバトロス隊パイロット:柿沼正人役)、吉田栄作(外務省アジア大洋州局 局長:沢崎勇作役)、益岡徹(内閣官房長官:石渡俊通役)、藤竜也(空母「いぶき」群司令:涌井継治役)らの出演も発表された。

 映画『空母いぶき』は、2019年全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top