鈴木保奈美、『東ラブ』リカ役のイメージに反発「私は違うのに…」 | RBB TODAY

鈴木保奈美、『東ラブ』リカ役のイメージに反発「私は違うのに…」

鈴木保奈美が、14日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。91年の大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』(同系)の役柄を振り返る一幕があった。

エンタメ その他
鈴木保奈美 (c)Getty Images
  • 鈴木保奈美 (c)Getty Images
 鈴木保奈美が、14日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。91年の大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』(同系)の役柄を振り返る一幕があった。


 鈴木が演じた同作のヒロイン・赤名リカは常に天真爛漫で、意中の男性である永尾完治(織田裕二)にはっきりした物言いで迫るキャラクターだった。

 そこで「役のイメージで苦労したことは?」と聞かれると、「苦労はないですけど」と否定しつつも、「若い頃ってそういうのに反発したくなる」と言及。そして「私は違うのに……みたいな、モヤモヤする時期はあった」と語った。

 また、「共演者にタメ口を使うか?」という問いかけには「使えないんですよね、なかなか……」とほぼ敬語で接していると言及。今回、ドラマ『SUITS/スーツ』で27年ぶりに織田裕二と共演しているが、「今、織田裕二さんを、“織田さん”じゃなく“織田くん”にしていて」と明かすと、城島茂は「今ごろですか?」と驚き。「今月ぐらいから『くん』呼びにしている」とし、「距離感をもっと縮めたい」と努力していると話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top