『Mr.サンデー』発ドキュメンタリー映画『ぼけますから』が公開!初日初回、2回は立ち見も | RBB TODAY

『Mr.サンデー』発ドキュメンタリー映画『ぼけますから』が公開!初日初回、2回は立ち見も

エンタメ 映画・ドラマ
(C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
  • (C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
  • (C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
  • (C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
  • (C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
 フジテレビ系情報番組『Mr.サンデー』で放送されて話題となり、映画化されたドキュメンタリー『ぼけますから、よろしくお願いします。』が11月3日から公開された。

 週末の情報番組『Mr.サンデー』で2016年9月に2週にわたって特集され、翌年10月に継続取材と共にBSフジで放送されたドキュメンタリー『ぼけますから、よろしくお願いします。』。同作は、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリーで、主人公の一人娘でもあるドキュメンタリー制作に携わる信友直子監督が、自らも乳がんを乗り越え、両親の記録を撮り続けるうちに、ユーモアたっぷりで自分に愛情を注いでくれた母の変化に気付くことになる。アルツハイマー型認知症の診断を受けた母。その時から、90歳を超えた父が80代後半の母の介護を始める日々がはじまった。仕事を辞めて実家に帰るべきか...しかし、記録を撮り続けることが自分の使命と感じ、創り上げた作品だ。

 映画化された同作は、3日からポレポレ東中野で上映。初日、2日目の昨日と8回上映中、5回満席となった。特に、初日の初回、2回目は立ち見が出るほどの人気(※全96座席。補助椅子含め115座席))を博し、上映後のサイン会にはたくさんの観客が列も作った。1日4回上映することはポレポレ東中野としても稀なことであり、同じ作品を上映して同様の好調ぶりを博したのは、2017年1月に上映されて話題となった『人生フルーツ』以来のことだそう。先週の、ぴあ映画初日満足度ランキングでも1位に輝いていることから、今後の動きにも注目が集まる。

 初日、舞台挨拶に立った信友直子監督は、感極まって目に涙を浮かべながら「こんなにたくさんの方が映画の公開を待ってくださっていたんだと思うと、本当に感無量です」と喜びを語り、「初日初回に、劇場が開く前からもう行列ができていて、支配人さんが(チケットが)“完売しました”という貼り紙を貼って、“ありがとう”と言ってくださったときには、“ああ期待にこたえられてよかった”と泣きそうになりました」とコメント。「この映画を通じて、認知症になっても終わりじゃない。大変なことはたくさんありますが、でも笑いもたくさんあります。認知症を受け入れて一緒に生きていけば、人生はいくらでも楽しく、豊かになる...そんなことを、父と母が支え合って懸命に生きる姿から、感じていただければうれしいです」と語っている。

 映画は、ポレポレ東中野での上映に始まり、11月17日には、同作の舞台となった広島・呉(呉ポポロシアター)や広島(横川シネマ)ほか、大阪(シネマート心斎橋)、京都(京都シネマ)でも上映が開始される予定。現在、全国20劇場での上映が決まっているという。また、6日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、信友直子監督のインタビューが放送予定となっているので、あわせて注目だ。
《KT》

関連ニュース

page top