『世にも奇妙な物語』秋の特別編放送決定!佐野史郎と勝地涼がW主演! | RBB TODAY

『世にも奇妙な物語』秋の特別編放送決定!佐野史郎と勝地涼がW主演!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』(フジテレビ)が、11月10日よる9時から放送されることが決まった。また、短編ドラマの1つ「幽霊社員」に佐野史郎と勝地涼がW主演することも発表されている。


 短編ドラマをオムニバス形式で放送する『世にも奇妙な物語』は、毎回、多様なラインナップをとりそろえ、おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ。

 同番組の中で放送が決まった短編ドラマ「幽霊社員」は、存在感ナシ、定時になるとすう~っと帰ってしまういわゆる幽霊社員の工藤良治を佐野史郎が演じる作品。そして、佐野とW主演をつとめる勝地涼が演じるのは、過労の末若くして死んでしまった里山秀平。やり残した仕事に未練があり、成仏するため工藤に助けを求めにやってくる本物の幽霊だ。佐野と勝地は今回が初共演となる。

 主人公の工藤良治(佐野史郎)は、とある建設会社の社史編集室でひっそりと働くサラリーマン。周りの社員から「あんな人、ウチの会社にいましたっけ?」と陰口を言われるような覇気の無い人間で、仕事への情熱はとっくの昔に失っており、定年まであと4年、余計なことをせずに平穏に過ごそうと心に決めていた。そんなある日、会社のトイレに入った工藤は、過労死したはずの若手社員・里山秀平(勝地涼)に遭遇する。里山の姿が見えるのはなぜか工藤だけ。しかも会話までできてしまう工藤に、「最後の仕事をどうしてもやり切りたいんです! どうか力を貸してください!」としつこくせがまれた工藤は、里山がやり残した仕事を渋々引き受けることになってしまい......。

 佐野は自身の主演が決まった「幽霊社員」について、「ハートウォーミングな、救いのある、でも容赦ない、大好きな作品です」と感想をコメント。一方の勝地も「幽霊の話だけど、ほっこりする話で。生きているのに死んでいるような人と、死んでいるのに生きてるような人が交わる不思議な話ですが、“死んだからといってそれで終わりじゃないんだ”という、生きている人に勇気を与えるテーマ性に共感しました。主人公の工藤も、幽霊と出会ったことがきっかけで新しい第二の人生が始まるわけですし。上司に裏切られたり、手柄を横取りされたりする内に心を閉ざしてしまった工藤。その心を開くのが幽霊だった。いい作品ですよね」とコメントを残している。

 『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』(フジテレビ)は、11月10日よる9時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top