永山絢斗、吉田羊から「やっと、“羊さん”と呼んでくれた」と言われて大テレ | RBB TODAY

永山絢斗、吉田羊から「やっと、“羊さん”と呼んでくれた」と言われて大テレ

エンタメ 映画・ドラマ
(c) WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
  • (c) WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
  • (c) WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
  • (c) WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
 ドラマ『コールドケース』の日本版で、その第二弾である『連続ドラマW コール ドケース2 ~真実の扉~』が、10月13日よりWOWOWプライムにて放送される。9月27日、同ドラマのスタートを直前に控え、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 スクリーン1にて完成披露試写会&舞台挨拶が開催された。


 イベントには、石川百合役の吉田羊、高木信次郎役の永山絢斗、立川大輔役の滝藤賢一、金子徹役の光石研、波多野貴文監督が登壇。まずは、真っ赤なドレスに身を包んだ吉田が「お忙しい中、お越し頂きありがとうございます。撮影現場の雰囲気を伝えつつ、皆さまに本作を好きになってもらいたいです」など、ファンに挨拶。さらに、吉田は同ドラマが自身にとってどのような作品かと尋ねられると、「自分と百合がリンクしています。帰りたい場所、いわゆるホームです。実力派の俳優陣、職人のようなスタッフと何年でも続けていきたいです」と自身のライフワークであることを明かした。

 永山は、「シーズン2では百合と信次郎の距離もより縮まり、信頼性も高まりました」と語り、吉田本人から「やっと、“羊さん”と呼んでくれた」と言われて照れまくる一幕も。また、プロデューサーにシャワーシーンを熱望したという滝藤は、「TVで脱ぎたかっただけです!」とおどけ、撮影現場でキャスト達の見える所で筋トレをしていたため、キャスト達の間で“滝藤式筋トレ”ブームが流行ったという裏話も披露された。

 さらに、光石がメインの回で、ゲストの佐藤浩市と吉岡秀隆と共演した光石は、撮影現場で突然、人生初の坊主に髪を切った吉岡に、「彼のその熱量に感動した。力を頂いた」と振り返った。ボス役である三浦は、「今までの刑事ドラマのようにイスに座って構えているボスではなくて、みんなと集まって解決するという、寄り添うタイプの新しいボスを模索した」と役作りに工夫を凝らしたことを明かした。

 イベントの最後は吉田が代表して、「未解決事件をメインとしたドラマですが、容疑者に近づき、慈しみに満ちたドラマ。ぜひまだ加入されていない方は加入して頂き、加入されている方はシーズン2の世界観を存分に楽しんでください」と、“コールドケース愛”を語り、締めくくった。
《KT》

関連ニュース

page top