14歳の国民的美少女・井本彩花、木村佳乃主演作で連ドラデビュー | RBB TODAY

14歳の国民的美少女・井本彩花、木村佳乃主演作で連ドラデビュー

昨年開催された第15回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した井本彩花が、11月10日スタートのテレビ朝日系ドラマ『あなたには渡さない』に出演することが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
14歳の国民的美少女・井本彩花、木村佳乃主演作で連ドラデビュー
  • 14歳の国民的美少女・井本彩花、木村佳乃主演作で連ドラデビュー
 昨年開催された第15回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した井本彩花が、11月10日スタートのテレビ朝日系ドラマ『あなたには渡さない』に出演することが決まった。


 同ドラマは、主演・木村佳乃で描かれる40代の男女の激しく濃厚なラブ・サスペンス。連城三紀彦の名作を原作に、夫に裏切られ思いもよらぬ困難に立ち向かうことになった主人公・通子を木村、突然現れて通子の夫を奪い取る愛人を水野美紀、愛人に溺れた夫を萩原聖人が、通子を密かに思う幼馴染を田中哲司が演じる。

 物語は、料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平(萩原聖人)と結婚して20年になる上島通子(木村佳乃)の前に突然、夫の愛人と名乗る女・矢萩多衣(水野美紀)が現れるところから始まる。「ご主人をいただきにまいりました」と告げる多衣は、通子に夫の署名入りの離婚届を突きつける。しかも夫の料亭は多額の負債で、倒産寸前であることも発覚。思いもよらなかった事実を次々と突きつけられた通子は、多衣に旬平との婚姻届を6000万円で買い取ってもらう形で費用を捻出し、自らが女将となって料亭を立て直すことを決意する。

 そんな同ドラマで井本彩花が演じるのは、旬平と通子の娘・優美。高校生で思春期真っ盛りの優美は、専業主婦の母・通子との距離感に息苦しさを感じ、最近では通子との対話を敬遠しがち。大学進学で家を出た兄には「家を出たい」と愚痴をこぼす。そうした中で両親の離婚を知り、通子と優美はこれまでの家を出てアパート暮らしに。最初は反発心をあらわにする優美だったが、料亭を立て直そうと孤軍奮闘する通子の背中を見つめるうちに、徐々に心境が変わっていき...。バラバラになってしまった上島家の行方は?その修復には優美の行動も鍵に?40代男女の愛憎劇の中で、高校生の少女がどのように巻き込まれ、どのように成長していくかに注目だ。

 井本は同作への出演について、「最初に聞いた時は本当にビックリしました。自分にできるのかとても心配でしたが、台本や原作を読み込んで役を理解していくうちに、少しだけ自信がつきました」とコメント。記念すべきクランクインは木村演じる通子との親子シーンで、緊張の顔を見せる井本に木村が優しく話し掛ける場面もあった。これについては、「木村佳乃さんに『失敗を恐れずに何でもやっていいよ。』という言葉をいただけてうれしかったです」と晴れやかな笑顔を見せた。

 井本彩花の出演も決まったテレビ朝日系ドラマ『あなたには渡さない』は、11月10日スタート。毎週土曜よる11時15分から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top