SKE48のドキュメンタリー映画、タイトルは『アイドル』に決定 | RBB TODAY

SKE48のドキュメンタリー映画、タイトルは『アイドル』に決定

この秋公開が発表されていた、SKE48の密着ドキュメンタリー映画のタイトルが『アイドル』に決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018「アイドル」製作委員会
  • (C)2018「アイドル」製作委員会
  • (C)2018「アイドル」製作委員会
  • (C)2018「アイドル」製作委員会
 この秋公開が発表されていた、SKE48の密着ドキュメンタリー映画のタイトルが『アイドル』に決まった。


 今年6月の「AKB48世界選抜総選挙」では、SKE48不動のエース・松井珠理奈が悲願の1位を達成するも、松井の体調不良による休養が発表。7月4日にリリースされたSKE48の23枚目シングル「いきなりパンチライン」だが、歌番組やライブでは、松井の代わりに同選挙で2位に入った須田がセンターを務めていた。しかし、松井珠理奈の代役というプレッシャーは計り知れないもの。SKE48にとって、10年もの間グループの先頭を走ってきたエースのいない、初めての夏。グループを守るためにすべてのメンバーが戦っていた。

 同作のタイトル決定は、8月30日に東京・赤坂サカスで行われたSKE48の野外ライブイベント「ゼロポジサマーフェスティバル」にて発表されたもの。一見華やかに見えるアイドルの世界だが、実際には全員が戦っている。同作では、誰も知らないその裏側に完全密着。1人ひとり違う境遇から、同じ夢を持ち、懸命にアイドルとして生きる彼女たちのリアルな姿がスクリーンに映し出される。

 ドキュメンタリー映画『アイドル』は、10月19日公開。関東では、シネ・リーブル池袋、イオンシネマ板橋、イオンシネマ幕張新都心、中部では、センチュリーシネマ、イオンシネマ大高、イオンシネマ長久手にて上映される。
《KT》

関連ニュース

page top