岡田健史、有村架純の相手で芸能界デビュー | RBB TODAY

岡田健史、有村架純の相手で芸能界デビュー

有村架純が主演を務める10月スタートの新ドラマ『中学聖日記』(TBS系)。有村演じる女性教師・末永聖に恋する教え子の中学生・黒岩晶役として、同作が芸能界デビューとなる新人・岡田健史の出演が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
 有村架純が主演を務める10月スタートの新ドラマ『中学聖日記』(TBS系)。有村演じる女性教師・末永聖に恋する教え子の中学生・黒岩晶役として、同作が芸能界デビューとなる新人・岡田健史の出演が決まった。


 同ドラマは、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。物語の舞台は片田舎の中学校。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に心惹かれていく女教師・末永聖(有村架純)の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

 すでに、主人公・末永聖を有村が演じることに加えて、町田啓太、吉田羊、夏川結衣らの出演が発表されていたが、連ドラ発表当初から「誰が演じるのか!?」と話題になっていたのが、聖に恋する教え子・黒岩晶役。岡田演じる中学生・黒岩晶は、有村扮する担任教師・聖に初めての恋をし、婚約者がいることを知りながらも自分の気持ちをストレートにぶつけていく、ピュアで世間知らずな不思議な魅力を持った少年。主人公の相手役という大役であり難役を決めるにあたって、1年にわたりオーディションが行われた。その中で、「純粋で良い意味で洗練されていない、今どきの子にはなかなか無い魅力があった」という理由で岡田が選出された。テレビの出演経験も演技経験もなく、事務所に所属して間もないまっさらな新人を起用する今回の抜擢は異例といえる。

 そんな岡田について、共演シーンの多い有村は「初めてお会いした時に目がすごく素敵で、私のことを真っ直ぐ見て下さったのがものすごく印象に残っていて。お芝居をしていても岡田さん自身の人柄というのが滲み出ている感じで、ピュアさだったり真面目な素直なものっていうのがしっかりと目に表れているような気がします。初めてとは思えないくらいしっかりとこの作品や晶という役に真摯に向き合っている方で、非常に努力家で真面目な方だと思います」と語っている。

 演技未経験のため、晶役が決まった翌日から毎日のようにレッスンをしており、演出・塚原あゆ子からもマンツーマンで演技指導を受け、この役に挑んでいる岡田。今回の決定について、「クランクインして1ヶ月が経ちましたが、毎日初めてのことがたくさんあります。監督にも細かく丁寧に 演技について教えていただき、楽しくやりがいのある日々です。演技をするのが初めてで自分の中に引き出しがまったくなく、自分が今まで経験したことがないことを演技で表現するのが難しいなと感じているので、これから克服していけたらと思います」と意気込んでいる。

 また、有村については、「僕が演技で悩んでいるときに一緒に考えてくださったり、いつも安心させてくださる とても素敵な方だと思います。今回の役に僕を選んでくださった方々へ感謝の気持ちを持って、その期待に少しでも応えられるように、 どんなことにも取り組んで誠心誠意この作品と向き合っていきたいと思います。今までの生活とは全く違う世界で、『ここってどうしたらいいんだろう』と考える時間も増えてきた中で、自分なりに一生懸命取り組んでいますので、あたたかく見守っていただけたらと思います!」と語っている。

 新ドラマ『中学聖日記』は、TBS系で10月スタート。毎週火曜よる9時から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top