船越英一郎、芸能生活35周年を記念して本人役で主演 | RBB TODAY

船越英一郎、芸能生活35周年を記念して本人役で主演

8月24日よる7時57分から放送の『船越英一郎殺人事件』(フジテレビ系列)で、俳優の船越英一郎が芸能生活35周年を記念し、初めて本人役で主演に挑んでいることが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 8月24日よる7時57分から放送の『船越英一郎殺人事件』(フジテレビ系列)で、俳優の船越英一郎が芸能生活35周年を記念し、初めて本人役で主演に挑んでいることが分かった。


 作中、船越英一郎(船越英一郎)芸能生活35周年記念企画の2時間サスペンス『独身貴族探偵・桜小路優』の撮影が世田谷撮影所で行われていた。撮影現場セットでは、桜小路役の船越が事件のあったカラクリ屋敷について推理をしている。すると開かないはずの扉が開き、そこからテレビプロデューサーの遺体が倒れ込んできた。悲鳴が飛び交う撮影現場。スタジオは一般人が出入りできない密室と同じことから、容疑者は撮影関係者・スタッフ・出演者と考えられ、船越自身も容疑者の一人となっていく。

 もちろん、ドラマの撮影は中止に、ネットには殺人事件のあらましが詳細に報じられ、船越が殺人犯なのではという憶測が広まっていく。まさしく崖っぷちに絶たされた船越は、長年経験した2時間サスペンスで得た膨大な知識を総動員し難事件に立ち向かうというストーリーになっている。

 今回、船越の芸能生活35周年ということで、共演者には、2時間サスペンスでおなじみの山村紅葉、そして、多くの主演ドラマに携わってきた、内藤剛志、吉田鋼太郎、萬田久子、さらにナビゲーターとして北大路欣也も、本人役で出演している。本当に船越が犯人なのか!?事件の真相は!?フィクションの中にリアルが織り込まれる2時間のサスペンスに注目だ。

 船越は、本人役での主演について「僕にとって最初で最後だと思います」と語り、「今回の制作スタッフは、一緒にこの世界を駆け抜けくれたメンバーが中心になっていて、仲間たちが集結してくれました。本当に幸せなことです」と、共演陣の協力に喜びのコメント。芸能生活35周年については、「あっという間でした。険しい道のりでしたが、そこには楽しさも表裏一体でありました」と語っている。

 船越英一郎の芸能生活35周年特別企画『船越英一郎殺人事件』は、8月24日よる7時57分よりフジテレビ系で放送。
《KT》

関連ニュース

page top