"ヤバい家"続出?!驚きの判定結果も!カンニング竹山が住宅診断士と街をブラリ | RBB TODAY

"ヤバい家"続出?!驚きの判定結果も!カンニング竹山が住宅診断士と街をブラリ

7月28日午後2時からは、TBS系で『ヤバい家、修復します』が放送される。

エンタメ その他
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 7月28日午後2時からは、TBS系で『ヤバい家、修復します』が放送される。


 同番組は、カンニング竹山、カズレーザー(メイプル超合金)、そして、建物の外観だけで危険度が分かるホームインスペクター(住宅診断士)の柴尾竜也さんが街を巡りながら「ヤバい家」を調査し修復していく家改善バラエティ。家が抱える問題をプロの目で発見し、その場で家主に徹底調査を直談判する。ヤバい家と判定された場合は番組が責任を持ってリフォームする。

 同日放送では、湘南エリアの調査に訪れたカンニング竹山が、古くてさび付いたソーラーパネルを設置する一軒家を発見する。家主に話を聞くと、築60年でソーラーパネルを設置したのは20年も前だという。過去に一度もメンテナンスをしていないということで、他にも危険な場所があることを疑い、外回りの調査を行う。すると、基礎部分にひび割れを発見。診断士が専用の機器で測定すると、驚きの判定結果が出る。

 さらに別の家では、外壁で発見した蟻道(ぎどう)から家の傾きや、地震で倒壊する恐れがあることを見抜く。ほかにも、水ぶくれした「ヤバい家」を発見し、突撃訪問する。 一方、二子玉川エリアにやってきたカズレーザーと柴尾さんは、外壁に雨漏りの跡やヒビがある家を見つけ、その家にに突撃訪問する。また、曲線デザインの建物では、おしゃれが故の問題点なども見つける。ホームインスペクター・柴尾さんの見抜く眼力は、共にロケを行ったカズレーザーが「ヒヤッとする瞬間があった」とコメントするほど驚異的なもの。知らなかった情報から今すぐできる対処法まで、自宅でも役に立つ情報が満載だ。

 カンニング竹山は、柴尾さんについて、「素人では判断できない細かい傷やヒビを見つける。そこから家が抱える重大な問題を見つけるわけですから。プロならではの知識や感覚は一緒にいて純粋に驚かされましたし、視聴者の皆様も知識として持っているだけで役立つと思います」とコメント。ヤバい家については「虫歯に似ていて、放っておいても決して治ることはない。家の修復も同じことで、早めに対処した方が早く直るし費用も安く抑えられますしね」と番組で気づいたことを語っている。

 『ヤバい家、修復します』は、TBS系で7月28日午後2時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top