佐々木蔵之介、今秋放送『黄昏流星群』で初の恋愛ドラマ主演! | RBB TODAY

佐々木蔵之介、今秋放送『黄昏流星群』で初の恋愛ドラマ主演!

エンタメ 映画・ドラマ

(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 フジテレビはこの秋、木曜劇場(毎週木曜よる10時~)でセカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋を描したドラマ『黄昏流星群』を放送する。

 同ドラマの原作は、1995年から『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にてロングランで連載されている弘兼憲史氏による同名漫画「黄昏流星群」。2000年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど高い評価を受ける名作だ。今作では、短編オムニバスとなっている原作の中から傑作の一つと言われている第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男と女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを描いていく。主人公のエリート銀行員には佐々木蔵之介、献身的な妻に中山美穂、そして主人公が恋に落ちる運命の女性に黒木瞳と、メインキャストの3人の出演が決定。それぞれに事情を抱え、人生に恋に葛藤し交錯する男女3人を重厚に演じる。

 主人公の瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、入社以来仕事一筋。金融再編などの荒波の中、脇目も振らずこつこつと努力を積み上げ支店長まで登り詰めた銀行員。恋愛の末一緒になった妻の瀧沢真璃子(中山美穂)とも最近では会話が減り、年頃の娘とも距離ができていたものの、平和な家庭生活とまっとうな人生をためらいなく受け入れていた。そんなある日、理不尽な理由で取引先への出向を突然命じられてしまう。自分の人生を見失いかけていた完治がふと目にしたのは、一枚の雪山のポスターだった。「明日からスイスに行ってくる」と、家族に出張と偽り、単身でスイスへ。傷を癒やすべくスイスアルプスにやってきた完治は、吹雪の中マッターホルンを目指しゴンドラに乗り混む。そこへ、短信旅行中野目黒栞(黒木瞳)の姿があった。意気投合する2人だったが......。

 佐々木はドラマについて、「原作はもちろん存じておりましたが、今回改めて読ませていただきまして、あの一編をどのように全10話の連ドラにしていくのか、という楽しみがあります。原作ファンの方にも“こんな風にしたのか”と面白く思ってもらえるような、そして原作をご存じなかった方もドラマとして楽しんでいただける作品になれば、と思います」とコメント。今作が初の恋愛ドラマ主演となるが「照れながらも、思いっきりやらせていただくだけです(笑)」と語っている。

 また、中山と黒木は視聴者に対し、「誰もが、キャラクターの誰かしらに共感したり、感情移入できたりする作品だと思いますので、ご自身を重ね合わせたり、知り合いを重ね合わせたりしながら、楽しんでいただけたら、と思います」(中山)、「癒やしや安らぎ、刺激や興奮のつまった大人の方々が楽しめる作品になると思いますので、ご期待いただければと思います」(黒木)とそれぞれ呼びかけている。

 ドラマ『黄昏流星群』は、フジテレビ系にて2018年10月スタート(毎週木曜よる10時~)。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top